【ボウズ(BOZE)】ネタバレ感想&考察、仏滅系アクションセンターカラー面白い!

見た瞬間“あ、これ絶対面白い”と感じざるを得なかったボウズ(BOZE)。

ボウズ
2016年週刊少年ジャンプ17号より引用 ボウズセンターカラーの画力がやばい

2016年週刊少年ジャンプ17号に読み切りセンターカラーだったわけだけど、画力から設定から何から何まで面白い!

これは連載開始に期待が持てそうな気がしてなりません。

【スポンサーリンク】

ボウズ(BOZE)ネタバレ感想&考察、仏滅系アクションセンターカラーやばい!

この作品を一言で現すなら、“仏教系SF”といった感じ。

主人公の龍大寺(りゅうだいじ)という仏僧が、悪魔祓いをしていく…といった流れっぽい。

ボーズ読み切り
2016年週刊少年ジャンプ17号より引用 坊主は日本のエクソシスト

今回の読切センターカラーでは、日本のエクソシスト(悪魔祓い師)である龍大寺が、バンパイアと戦っていく…という展開。

「よくあるやつかな?」と思って読み進めてみると、かなり趣向を凝らした設定になっていることが判明しました。

現代or近未来系のエクソシスト…といった感じでしょうか。

“法術改造”を武器に施すことによって戦闘するみたいな感じなんですね、これ。

ガトリング
2016年週刊少年ジャンプ17号より引用 砲術改造済・回転式機関銃

ガトリングガンをぶちこむ僧侶。

かなりかっこいい感じのデザインで、しかも“法曹“と“兵器”という対極にありそうな存在をうまく融合させているところに、独特の感性を感じます。

【スポンサーリンク】

坊主の近代的武装化

以下のカットもボウズの魅力をよく表しているかもしれません。

近代的
2016年週刊少年ジャンプ17号より引用 坊主の近代的武装化

坊主の近代的武装化。

祈祷によって悪魔祓いを行っていくのではなく、法術を込めた兵器で悪魔祓いを行っていく。

ありそうで無かった、非常に画期的なアイデアだと思います。

しかも、ガトリングガンだけではなく、他の武器も使うんですよね。

草彅
2016年週刊少年ジャンプ17号より引用 坊主の近代的武装化

この剣の正式名称は「法術改造済〈光刃出力仕様(エナジーアウトプットモデル)〉退魔刀No.00-0“草彅の剣”」というらしいです。

めっちゃ長いんだけど、それはそれでかっこいい。

いかにも科学的テクノロジーで作り上げた刀、といった感じがしますよね。

冒頭で“仏教系SF”と表現したのはこういうこと。

そして、この武器を使って敵を切り裂く剣技、仏汰斬り(ぶったぎり)ね。

うん、覚えやすい!

ブッダ
2016年週刊少年ジャンプ17号より引用 坊主の近代的武装化

技の名前とかはやはり覚えやすいに越したことはありませんが、そういった細かいポイントをしっかり抑えている感じ。

しかも画力があるから、一層迫力がある感じで表現されてる気がします。

もし週刊少年ジャンプで連載されたとしたら、看板漫画に食い込めるレベルなんじゃないかなぁ。

たった1話読んだだけでもこの迫力。

ついつい、ボウズ(BOZE)の連載決定に期待してしまいまね!

【スポンサーリンク】