【ワンパンマン】オールバックマンの強さと人物像考察、引退したけど悪いやつじゃない!

人間は強いヤツが好きだ。

特に男なら、バトルヒーローはどうしてもワクワクしながら追いかけてしまうよね!

でも、強いだけが全てじゃないことも、大人になって学んだんだ。

今回は数あるヒーローの中から、引退したヒーロー、オールバックマンの強さと人物像を考察してみたい!

【スポンサーリンク】

オールバックマンの強さと人物像考察、引退したけど悪いやつじゃない!

オールバックマンは元々C級のヒーローだった。

海人族との戦いに敗北したことをきっかけにヒーローを引退したことが、彼のエピソードとしてはよく語られる。

でも、本当にそれだけのキャラクターだったんだろうか?

オールバックマン
ワンパンマンヒーロー大全より引用 オールバックマンの外見はこんな感じ!

強い印象は到底受けない。

しかし、彼は自分の実力をある程度理解しながらも、ヒーローとしての勤めを果たすべく深海王に挑んでいった。

自分の実力を知らないで突っ込んでいくなら無知、自分の実力を知って勝てない相手に突っ込んでいくのは無謀。

どちらかというと彼の行動は“無謀”に分類されるとは思うんだけど、彼の背景にある想いに寄り添えば、必ずしもそれが“愚かである”とは言い切れないような気がするよね。

正義感を振り絞って恐怖を振り切ることが出来るっていうのは、ヒーローの資質なんじゃないのかな!

【スポンサーリンク】

理不尽な強さ!

ワンパンマンはとくにそうだけど“理不尽な強さ”というのが結構出てくるよね。

サイタマと怪人の戦いもそうだし、怪人とC級くらいの戦いもそうだし。

A級・S級くらいにならないと、敵怪人と互角に渡り合えるケースも少なくなってきている気がする。

理不尽な強さ、圧倒的な力の差というのを描いた漫画っていうのは、今考えればあまり無かった気がするよね。

ドラゴンボールはギリギリそれっぽいけど、あまり痛々しい描写はなかった。

それに比べてワンパンマンは、展開的にはギャグっぽい点も多いけど、精神的にはなかなかハードなところを突いているような気がしてならないんだよね。

そして、その精神描写は、オールバックマンが勇気を振り絞る場面などにも現れているような気がする!

名前の由来に関しても

名前の由来に関して“高校時代の彼女にオールバックが似合うと褒められて以来、髪型がトレードマークとなってる”ということになっている。

普通はここで「そうなんだーハハハ」って感じで思考が停止するかもしれないんだけど、この向こう側にも何かドラマがあるかもしれないよね!

もしかしたら、過去に高校生の時の彼女が怪人に襲われて助けられなかった…みたいなエピソードがあるのかも。

小さな情報からキャラクターの背景を探っていくと、色々と面白い点が見えてくるよね!

【スポンサーリンク】