【ワンパンマン】昆布インフィニティの強さと能力考察、モンジュラ似の怪人!

バトワンは昆布が好きだ!

だいたいコンビニでおにぎりを買うときは昆布しか買わないって決めている!

でも、昆布インフィニティは少し“モンジュラ”見たいで怖い!

【スポンサーリンク】

昆布インフィニティの強さと能力考察、モンジュラ似の怪人!

黄金ボールとバネヒゲと戦った昆布インフィニティ。

外見としては完全にモンジュラって感じで、微妙に威圧感すら感じてしまう!

ヒラヒラしているからソフトに見えるけど、その昆布のようなソレは、鋼鉄並みの硬度を誇っているところがポイントだ!

昆布インフィニティ
ワンパンマンヒーロー大全より引用 昆布インフィニティの外見はこんな感じ!

髪の毛なのか昆布なのか不明なソレを、まるで生き物化のように自在に操ってしまう昆布インフィニティ。

ちなみに“インフィニティ”とは“無限”といった意味を持っているのだそうだ。

昆布なのかワカメなのかわからないソレを叩きつけることで攻撃したり、自在に動かすことで防御するためのシールドとして活用することも出来る。

並みのA級ヒーローを容易く撃破するほどの戦闘能力は、怪人の中でもなかなかのレベルに達しているといえるだろう!

災害レベル“虎”ってことだけど、少し上の“鬼”くらいあっても良いような気がする!

【スポンサーリンク】

味は美味しくないんだってさ!

ゴーストタウンと化していたZ市にて登場した昆布インフィニティ。

最終的には、たまたま買出しの帰路にあったサイタマと遭遇して敗北、全ての昆布を抜き取られて敗北してしまっている。

家に帰って昆布だしを取ろうとしたサイタマだったが、その味は不味かったようだ。

そう考えると、やはりコイツは昆布ではなくワカメインフィニティだったのかもしれない!

カニランテを思い出して欲しい

そういえば第一話で登場したカニランテを思い出して欲しい。

カニランテは“カニが好きでカニを食べ過ぎてしまった男が怪人になってしまった姿”なんだそうだ。

そう、ここで嫌な予感が脳裏をかすめる。

冒頭でも述べたように、バトワンは昆布が大好きなんだ。

もしこのままバトワンが毎回のようにコンビニで昆布おにぎりばかりを買い続けたらどうなってしまうだろうか?

もしかしたら毛髪という毛髪が昆布になってしまい、昆布インフィニティ化してしまうかもしれない!

いや、しかし待てよ…。

バトワンは昆布インフィニティ化しても、上記怪人のように暴れまわるつもりはない。

よって、単純に“昆布が取り放題”という状況が生み出せるだけなのではないだろうか?

しかし、サイタマによると、昆布インフィニティで取った昆布だしはおいしくなかった様子。

そう考えると、やはり自身を昆布インフィニティ化する計画を立てるよりは、昆布だしをしっかりと買いに行く習慣をつけたほうが、昆布をおいしく楽しめることだろう。

一瞬お得であると錯覚してしまいそうになるが“美味しい昆布を食べたいのであれば、冷静に判断する能力が問われる”という好例といえるかもしれない!

【スポンサーリンク】