【ワンピース】あティア、こティア、へそ!独特の言い回しについて。

ワンピースには色々な民族が登場し、それらがさらに独特の言い回しをします。

ミンク族も例に漏れず、あティア、こティア、といった独特の言い回しをしていますね。

804ワンダ
ワンピース804話より引用 ミンク族・ワンダの独特な言い回し

ミンク族の言い回しが不思議な点と、空島のへそ!に、なんだか共通点を感じてしまいます。

【スポンサーリンク】

ミンク族の独特の言い回し

ミンク族の独特の言い回しを少しみてみましょう。

  • あティア
  • こティア
  • ガルチュー

あたりですかね。

あティアは“あやつら”みたいな感じ、こティアは“こやつら”みたいな感じでしょうか。

ガルチュー!は“ようこそ!”みたいな感じですかね。

微妙なこういう言い回しも含めてミンク族は可愛いです。

で、こういう言い回しを見ると、これを思い出しますよね。

26コニス
ワンピース26巻より引用 空島の挨拶?へそ!

空島の挨拶において“へそ”というワードが出てきます。

ゾウ編突入の段階で、エレクトロという電気を使う技術を持っていました。

で、空島編ではダイヤルの登場がありましたしね。

このあたりもなんだか共通点を感じずにはいられないところ。

で、さらにミンク族は獣人なわけですけど、空島のエネルが旅だった月では、このような描写もありました。

46巻
ワンピース46巻より引用 月の生物…宇宙海賊らしい

エネルと戦っていますけど、もしかしてこれもやっぱりミンク族なんですかね。

この生物は宇宙海賊とされてますけど、宇宙海賊と戦獣民族、ミンク族が人間嫌い…などといった部分を考え合わせると、なきにしもあらずのような気がします。

【スポンサーリンク】

空島と繋がるゾウ編

ゾウ編にはチョッパーの冬島との共通点もあります。

  • ルフィが到着した時、黒ひげが滅ぼした後だった
  • ルフィが到着した時、ジャックが滅ぼした後だった

こういった部分もあるので、一概に空島とリンクしていると言い切ることはできないんですけど、空島編との共通点がビンビンきてるのは事実だと思うんですよね。

月の宇宙海賊がミンク族だった…という流れを元に感じるところ、空島とゾウの両方にポーネグリフが存在し、空白の100年の真実が解明されてくるのかも。

——ある空想上のシナリオ——

その昔、月には“天竜人の祖先”“Dの一族の祖先”が暮らしていた。

その頃の月は地球よりも栄えていて、とても豊かな場所だったが、ある時この平穏にも終わりが訪れる。

ある一族…“月の支配者・現在の天竜人の先祖”にあたる者たちが“強欲”に目覚めてしまったからだ。

これにより、豊かだった月では土地や資源、富や財宝の奪い合いが常態化、戦争の絶えない土地となってしまった。

天竜人の先祖たちの横暴が影響し、Dの一族は生きる場所を追われてしまう。

Dの一族は地球に逃れ、ミンク族や魚人、巨人、そこに住む人々との調和を果たした。

いっぽう豊かだった“月”は、天竜人同士の戦争で荒廃した土地に。

豊かだった月は廃れ、廃れていた地球は豊かになった。

そして、天竜人たちがこのことに気づいてしまう。

彼らは繁栄した地球に侵略、世界制服を果たし、またしてもDの一族を追いやることに成功する。

彼らは統治後、世界政府を樹立した。

その際、ある者は空へ追われスカイピアに、ある者は土地を追われゾウへとたどり着くこととなる。

あティア・こティア・ガルチュー・へそ…などはその名残。

そして、世界政府の手によって空白の100年が生まれた。

空白の100年の真実が記されている島、ゾウに住むミンク族たちの一部は、この天竜人の侵略を未だ快く思っていない者もいた。

よって、あるときミンク族一部は宇宙海賊となり、天竜人たちが元々住んでいたとされる月を侵略した…。

——ここまで——

などといったシナリオも超低確率でありえるのかも。

このあたりはまだまだ憶測の域を出ませんけど、そんな流れも面白いのかな、と。

【スポンサーリンク】