【ワンピース】アルキュミアとは何か?錬金術の島の真偽を考える!

ゾウの次、あるいはワノ国の次に訪れるとも言われている錬金術の島「アルキュミア」。

これは某大手ネット掲示板に書かれた内容とのことで「真偽不明の情報(捏造の可能性有)」として取り上げます。

ただ、以下の内容は非常に興味深いところで、バトワンとしても「こんな展開あったらな」と思える内容です。

【スポンサーリンク】

アルキュミアについて書かれたと思われる文書

アルキュミアについて書かれたのは以下の内容なんだそうです。

「どうせ捏造でしょ」と思いながら読んでみたのですが、捏造なら捏造と割りきって読んだとしても、なかなか面白い内容になっていると思います。

  • 「ゾウ」の次の島「アルキュミア」
  • その島のとある街では錬金術が盛んに研究されている
  • ベガバンクの実験の一つに「人間兵器」がある
  • 人間の能力、才能は引き継いだままで、元の記憶を消滅させ、姿形も全く異なった新たな人物にする技術がある
  • 世間を騒がせている海賊を拉致し、その改造を施す企みがある
  • アルキュミアのとある地区に入ると記憶が全部飛んで、その後の整形手術で別の人間になる事が可能
  • 作中の◯◯というキャラが、実は□□というキャラらしいが 髪色、姿形、全く違うから読者は絶対気づかない
  • そのキャラは革命軍と海軍の戦争の最中に拉致されて改造を施され、別人になったが途中で逃げ出し、その後別に海賊団に入ったらしい
  • そのキャラは生年月日、出身地は一切ファンブックにもわざと描かれていないキャラ

※某大手ネット掲示板より引用

錬金術とベガパンク。

この兼ね合いは非常に面白いですよね。

特に舞台になっている大海賊時代は正史の「大航海時代」をモチーフにしていると考えられます。

大航海時代は、世界史で見ると中世時代。

そんなに遠い過去でもないんですけど、現代とは大違いで「魔術」「錬金術」がまだ信じられていた時代といいます。

つまり、時代背景としては見事にマッチしているわけで、「錬金術の島」の存在は充分に有りえると思うんですよね。

【スポンサーリンク】

箇条書きを更にまとめていく

上記の箇条書きに関しては、なんだかダラダラと書かれているような気がするので、バトワンなりに重要そうな部分を主観を交えて以下にまとめてみます。

  • ゾウの次は「錬金術の島・アルキュミア」
  • ベガパンクの「人間兵器」についての解明がある、施術されたら姿形・記憶など全て変わる
  • 既にそういう人物が登場しちゃってる可能性もある(エドワード・ウィーブルとか怪しいかな?)

といった感じになります。

まぁ、特に面白そうなのは「ベガパンクの人間兵器」についての記述ですね。

  • 「手術されたら姿形・記憶など全てが変わる」
  • 「既に登場してるキャラだったりする」

と、いうような内容が書かれているので、もしこの文書が的中しているとすれば、エドワード・ウィーブルあたりが怪しいかな?と思いますよね。

首の周りにツギハギとかありますし、いかにも手術を受けた後…といった感じ。

バトワンは一時期錬金術に関しても興味を持って調べていた時期がありますので、アルキュミアという名前ではなくとも「錬金術の国」の冒険はぜひ登場してもらいたいと思ってます。

おわりに

何度もお伝えしている通り、この文書はあくまで「真実か嘘かわからないもの」です。

ただし今回はそこそこ実現しそうな気もしてくる文章だと判断したため、バトワンに取り上げてみました。

やはり「未来のワンピース」を予想したり考察したりするのってとても楽しいですよね。

これから先の尾田栄一郎先生の活躍と、ワンピースの更なる冒険が楽しみです。

【スポンサーリンク】