【ワンピース】イヌイヌの実モデル“ジャッカル”再登場と覚醒に期待!

アラバスタ編の悪魔の実を考察してきましたが、イヌイヌの実のチャカと、トリトリの実のペルは非常に期待できる2人ですね。

特にイヌイヌの実モデル”ジャッカル”のチャカは鍛え方次第ではCP9のジャブラクラスまでは伸びる可能性を秘めています。

【スポンサーリンク】

イヌイヌの実モデル“ジャッカル”再登場と覚醒に期待!

まず、ジャッカルという動物を確認してみましょう。

体長65〜106cm、尾20〜41cmほどで、オオカミに似るが耳は大きく、体は薄い金色〜黄褐色で、背と尾には黒色の毛が多い。アジア南部〜ヨーロッパ南東部、アフリカに分布。平原や林に1〜6頭で棲み、夜出て猛獣の食べ残しをあさるほか、ネズミやウサギなどを襲い、サトウキビなども食べる。穴を掘るのが上手く、4〜9匹の子を生む。
-wikipedia-

このように、ジャッカル自体は比較的おとなしい動物であり、ハイエナに近い感じなのかもしれません。
キンイロジャッカルやセグロジャッカルなど、様々なタイプのジャッカルが存在しており、主な生息域はアフリカ大陸北部、エジプト近辺であるとされています。

また、死肉を漁るジャッカルの姿から、死に関係する神と結び付けられることもあるようです。
若干暗い印象がある動物のようですね。

チャカはアラバスタ編において反乱軍鎮圧に大きく力を発揮し、また国の守り神としてペルと共に活躍ました。
対してCP9のジャブラはモデル”ウルフ”ですから、狩猟動物ですので凶暴性の面ではジャブラに軍配が上がりそうです。

【スポンサーリンク】

再登場と覚醒は?

彼が再登場するとして最も可能性が高いのが「世界会議」でしょう。
世界会議の際にビビのお供として、カルーと共に参加する…という流れが最も自然であると考えられます。

世界会議にラフィットが乱入し暴れる、という説が的中したとしたら、その際に戦闘になるかもしれませんから、共に世界会議に参加していたドラム王国のドルトンと、アラバスタのチャカの共闘が見られるのかもしれません。

しかし、もし逆にラフィットが悪魔の実を覚醒させたり暴走させたりする技術を海軍などから預かっているとしたら…。

もしかしたらこの場面でドルトンと共にチャカの覚醒が見られるかもしれませんね。
暴走かもしれませんが…。

ともあれ、ゾオン系悪魔の実の覚醒能力は「異常なタフさと回復力」であり、副作用として「人間である意識が薄れる」といったような感じですから、暴走チョッパーのような暴走チャカ、暴走ドルトンなどが見られるかもしれませんね。

ワンピースは物語が進むにつれて、どんどん残酷というかエグい場面が登場してきていますから、充分考えられると思います。

【スポンサーリンク】