【ワンピース】ウシウシの実モデル“ジラフ”覚醒は?カクの強さ検証!

今までのストーリーでは、ウシウシの実は2種類登場しました。

ウシウシの実モデル”バイソン”のドルトンと、ウシウシの実モデル”ジラフ”のカクです。

そもそもキリンってウシ科なんだ、と初めて知った方も多いのではないでしょうか。

また、以下のカットのように戦闘中でも少しお茶目な一面があるのもカクの魅力のひとつだと思います。

43少し間抜けカク
ワンピース43巻より引用 少し間抜けなカクの様子!好きだ!

今回はウシウシの実モデル”ジラフ”の能力に関して考察します。

【スポンサーリンク】

ウシウシの実モデル”ジラフ”

カクはリアルタイムで悪魔の実を食べたキャラクターであり、戦闘中に新しい技を考えるなど、まだ不慣れな様子が伺えます。

しかしながら、彼は蹴りによって建造物を切断するなど、驚くべきスピードで悪魔の実を使いこなすセンスを持ち合わせているところがありのです。

このことからCP9のNo2はカクで間違いないだろう、と推測できます。

ウシウシの実モデル”ジラフ”カクの技

・鉄塊”無死角(むしかく)”
・キリン砲台”麒麟マン射櫓(きりまんじゃろ)”
・嵐脚”白雷(はくらい)”
・嵐脚”麒麟時雨(きりしぐれ)”
・嵐脚”龍断(ろうだん)”
・嵐脚”ネジ白刃(ねじはくじん)”
・嵐脚手裏剣
・鎌麒麟(かまきりん)
・鞭竹林(へんちきりん)
・猛竹林(もうちくりん)
・逆鱗(げきりん)

カクの技は非常に多いですね。
蹴りでありながら嵐脚の属性を持っているので、斬撃でもあるところを考え合わせると、この時点で仮にサンジと戦っていたらサンジは敗北していたかもしれません。

【スポンサーリンク】

ウシウシの実モデル”ジラフ”覚醒

ウシウシの実モデル”ジラフ”が覚醒するとして、最も近いのは獄卒獣のシマウマでしょうか。

巨体に鉄のこん棒を持っていましたが、もし仮にカクが覚醒した場合、六式が使えるメリットもあり、相当な強さになるでしょう。
打撃以外にも斬撃を使いこなすカクですが、覚醒によってスピード、パワーが増加するであろうことを考え合わせると、かなりの戦力になりそうです。

反面、作中では長い首を邪魔そうにしている描写も若干ですが存在していました。
しかしカクはそのセンスでその首を体に押し込んで、大砲のように使うなど、工夫する事でこの弱点を克服。

獄卒獣は人間的理性をある程度失っているのでは?という疑いがかかっていますが、もしこの予測が的中していたら、カクの用に知恵・センスを持ってして弱点を克服する事は出来ないかもしれません。

このことを考え合わせると、もし覚醒した場合長い首がネックとなって戦いづらいということも考えられるでしょう。

しかしながら、ゾオン系の覚醒のパワーを考え合わせると、その首を振り回して敵をなぎ倒すといった描写が描かれる可能性も捨てきれません。

キリンが持つ長い首。
これがメリットでもありデメリットであるというのは動かない事実ではありますので、これをどのように表現していくのか、というところが今後の見所であるといえるでしょう。

【スポンサーリンク】