【ワンピース】クワトロマーノ・スパンクの強さ考察、クラッチ&ショックを添えて!

モネに対して使用された四本樹(クワトロマーノ)スパンク。

前半の海でも使用されていた四本樹(クワトロマーノ)だけど、後半の海でもそれなりに活用されている!

今回のパンクハザード編でも一定の活躍を示したしね!

【スポンサーリンク】

クワトロマーノ・スパンクの強さ考察、クラッチ&ショックを添えて!

使用されたクワトロマーノ・スパンクは以下のような感じ。

モネに対して張り手のように使用された感じだね!

雪の怪物と化したモネに対してはそこまで決定的なダメージにならなかったわけだけど、技としては優秀だよね!


ワンピース69巻より引用 モネに対して使用されたクワトロマーノ・スパンク!

二年後のロビンは(おそらくだけど)武装色の覇気を使用することが出来ないはず。

そう考えるとこの時のスパンクはあくまで“時間稼ぎ”って感じだったんじゃないかな!

ちなみにパンクハザード編では“ヒガンテスコマーノ”で生み出された「手」も描かれているから比較してみると面白いかも!


ワンピース69巻より引用 ヒガンテスコマーノで出された手!

クワトロマーノで生み出された手と比較して、ヒガンテスコマーノで生み出された手の平のサイズは超巨大!

この2つを比較するだけでも、この2つの“ハナハナ技”が根本的な所で「違う規格」であることがわかるんじゃないかな!

【スポンサーリンク】

その他のクワトロマーノについて!

さて、後半ではその他のクワトロマーノについて触れていこう!

まず最初に触れてみたいのは以下、52巻で描かれたクワトロマーノ・ショック。

パシッフィスタを相手に用いられた感じのアレだね!


ワンピース52巻より引用 使用されたクワトロマーノ・ショックはこんな感じ!

この技はロビンの技にしてはわりと珍しい“打撃属性”って感じかもしれないね!

あのパシフィスタを相手にしてそれなりにダメージが通っている点は特筆に値すると思う!

で、次にチェックしたいのは以下、モリアに使用されたクワトロマーノ・クラッチだ!


ワンピース49巻より引用 クワトロマーノ・クラッチ!

上記のクワトロマーノは“ドッペルマン”によって回避されてしまったけど、なかなか爽快にHITしていることは間違いないね!

基本的には関節技を得意とするロビンなだけに、ある程度の手応えは感じていたんじゃないかな!

しかしなんだかこうやって見てみると、ロビンのクワトロマーノは全体的に“決定打にならないことが多い”ような気がするかもしれないね!

とはいえこれからは“ヒガンテスコマーノの時代”になってくるだろうし、そっち方面の進化に期待したいところだ!!

【スポンサーリンク】