【ワンピース】ジンベエの寿命は奪えるのか?あとコレどういう描写だろう?

前回の829話はなかなか掘り下げる部分が多くて面白い!

と、いうのもこっちの考察でふれたようなこともあったりするからだよね!

さて、今回の829話でのポイントは、尾田栄一郎先生が読者に対して「ビッグマムの能力は寿命を奪う能力」だと思わせようとしているってことなんじゃないかな!

【スポンサーリンク】

ジンベエの寿命は奪えるのか?あとコレどういう描写だろう?

さてさて、今回の829話も、これまでのトットランドの流れと同様になかなか面白い描写が多かった。

まず、今回登場したジンベエなんだけど、これは“ビッグマムの傘下脱退の申し入れ”をするために現れたと思っていいと思う。

829ジンベエ
ワンピース829話より引用 ジンベエが再登場したわけだけど

この流れであれば“ビッグマムの傘下脱退の申し入れ”意外の展開では、ちょっと不自然な登場になってしまうだろう。

そして、ビッグマムから「ウチ辞めたり、しねェよな?」と凄まれてもいる。

実際にビッグマムが“やる・やらない”は別にしろ、ジンベエに対して暴力を振るうシーンは出てくるんだろうか?

シャーロットモスカートについて

シャーロット・モスカート個人に関しては今のところチョイ役って感じだから詳しくは触れない。

いや、もしかしたらあとで重要になってくるかもしれないけどね!

でも、今回触れておきたいのは以前も考察した以下のカットだ!

臆すると829
ワンピース829話より引用 「臆すると」寿命を奪われる?

さて、上記のカットでは「臆したら寿命を奪われるから落ち着け」といった旨の内容が語られている。

そして、モスカートは臆してしまったから寿命を取られてしまった…かのように描かれていた。

ジンベエやルフィもビッグマムに臆したら、寿命を奪われてしまうんだろうか?

“臆さなかったら寿命が奪えない”ってコトならたいした能力じゃ無さそうだし、“臆さなくても寿命が奪える”ってコトならあまりにも無敵過ぎる。

829話の内容をそのまま鵜呑みにしたら、どっかに“バカでかい落とし穴”があるような気がするぞ!

この辺りが今後、重要なポイントになってくるのは間違いない!

【スポンサーリンク】

これ何だ?どういう描写?

で、829話に関しては以下のカットが意味不明。

“人格のある太陽”みたいなモノを掴んでぶん投げ、爆発を起こしている。

太陽829
ワンピース829話より引用 人格のある太陽をぶん投げて爆発させてる?!

この辺りは違和感満載で、どういう描写かよくわからないんだよね。

太陽を投げるってどんな状況なのか?

太陽にしては小さすぎる。

擬似的に作った太陽のレプリカってことだとしても、ソレを掴んで熱くないのか?

さらに、アレが太陽じゃないなら、そもそも“何”なのか?

この辺りはユメユメの実仮説に従って解釈するならばすべてのスジが簡単に通るんだけど…。

他の可能性を洗った時に、なかなか発想が追いつかない。

“太陽の形をしたぬいぐるみ爆弾みたいなモノに寿命を与えた!”っていうのも考えたんだけど、ちょっとそこまでする理由がわからないしね。

アイツらはもっと“お手軽に”生み出されていると思うんだ。

ビッグマムの“太陽ぶん投げ”に関してはあんまり着眼している人がいないと思うんだけど、どうしても何か特別な理由があるとしか思えない。

あと「おいしいなら本望〜」なんて言いながら食われていったシュークリームもね。

829シュクリ
ワンピース829話より引用 シュークリーム達の感じも気になる!

いくら美味しいって言われたとしても、シュークリーム達がそういう生物なら「食われて本望」って感じにはならないはず。

寿命を与えられたシュークリームだから?

いやー、それもどうか…。

ユメユメの実仮説だけだとつまらないから、他の方向性もいくつか考えてるけど、それにしても万国(トットランド)は整合性が取れない部分が多すぎる気がする。

ビッグマムにとって“お菓子以外は”都合のいい世界…って感じがどんどん強まってきている気がしてならない!

次回の830話には、こういった前提を踏まえて細部まで注目しながら読んでいきたいところだね!

【スポンサーリンク】