【ワンピース】ゾロとローが意気投合?わりと波長が合う二人!

パンクハザード編から麦わらの一味に同行しているトラファルガー・ロー。

彼はドレスローザ編でもルフィと共にドフラミンゴを相手取って死闘を演じ、ここ最近急激に見せ場が増えたキャラクターといえます。

そんなローとゾロが意気投合するという場面が見られました。

【スポンサーリンク】

ゾロとローが意気投合している

804話”ゾウの背の国の冒険”では、以下のようなカットが公開されました。

804ゾロ&ロー
ワンピース804話より引用 意気投合するローとゾロ

死の外科医と恐られるトラファルガー・ロー。

そして、海賊狩りの剣豪として名を馳せるロロノア・ゾロ。

この2人の波長が見事に合っているように見えますね。

もしかしたら戦闘シーンにおいても今後2人の連携プレーが見られるかもしれません。

考えてみれば、ゾロは世界一の大剣豪になる“目的のために”一直線。

そして、トラファルガー・ローはドフラミンゴを倒すという“目的のために”一直線だったよね。

強烈な目的を達成するための執念、といった点で2人には共通点があるのかもしれません。

【スポンサーリンク】

その他にこんな共通点も

ゾロが使用する刀のひとつに妖刀”三代鬼徹”があります。

対して、トラファルガー・ローの使用する刀も妖刀。

その名も”鬼哭”です。

鬼哭がなぜ妖刀と呼ばれるのかはまだ作中では明らかにされていないようですが、妖刀と呼ばれるのであればそれなりの理由があるはず。

そして、ゾロと同じように“刀が持ち主を選んだ”といったエピソードが後に語られるのかもしれません。

また、それ以外にも“大切な人を過去に失った”というエピソードも共通しています。

トラファルガー・ローは白い町フレバンスにおいて妹のレミを。

ロロノア・ゾロは幼い日に共に大剣豪になると誓った親友のくいなを、共に失っています。

彼ら2人にはどこかしら似たような境遇があり、また、性格としても近い部分があります。

そういった点を含めて彼らは気が合うのかもしれませんね。

【スポンサーリンク】