【ワンピース】ベタベタの実の覚醒は?黒幕説と天竜人説、トレーボルについて。

ベタベタの実の能力者であるトレーボル。

彼はドフラミンゴを凶悪な人物に育てた現況でもあるといえるキャラクターです。

ベタベタの実の能力に関してはトラファルガー・ローのラジオナイフにて攻略され、戦闘面ではフェードアウトしましたが、その外見などから、天竜人である可能性、黒幕である可能性などが浮上しています。

【スポンサーリンク】

ドレスローザ編の黒幕ではなかったトレーボル

ドレスローザ編では黒幕の様子を軽く臭わせておいて、その後フェードアウト。

物語はルフィとドフラミンゴの戦闘を中心に展開する形へと流れました。

しかし、だからといってトレーボル黒幕説が消えたわけではありません。

トレーボルはドフラミンゴの監視役か?

ドフラミンゴは元々天竜人でありながら、父親が”人間宣言”を行なった事によって悲惨な運命をたどる事になりました。

その後ドフラミンゴは父親を殺し、天竜人に戻るために動きますが、その願いは受け入れられることはありませんでした。

もしかしたらトレーボルはこの時に、ドフラミンゴの復讐を警戒した天竜人から”ドフラミンゴを監視しろ”という命令のもと派遣された密着型監視役なのかもしれません。

だとすれば、トレーボルやドフラミンゴが裏で世界政府と繋がっている…という仮説も補強されます。

【スポンサーリンク】

ベタベタの実の覚醒考察!

ベタベタの実は自分の体の粘液を自由に扱えることです。

この能力が覚醒したらどうなるのでしょうか。

ただでさえネバネバとしていて扱いにくい能力ですが、粘液を扱える、ということは自然治癒力を活かした回復能力が高い、ということかもしれませんね。

もし、斬撃によって切られてしまったとしても、ベタベタの実で粘液を操り、再度接着する事が出来るかもしれません。

この能力はパラミシアですから、覚醒したとしたら”環境に影響を与える”能力になるはず。

となれば、環境からベタベタとした粘液を発生させ、敵の動きを止める…といった戦い方になるのでしょうか。

あるいは相手の足下に突然ベタベタの粘液で出来た池を出現させ、能力者をそこにたたき落とすといったことも可能かもしれません。

ただし、粘液とは生物から出る体液。

果たして環境に影響を与えたとして、環境のような無機物には粘液はそもそもありませんから、覚醒が戦闘に役立つかどうかは怪しいところでしょう。

【スポンサーリンク】