【ワンピース】マルコ廃人化のシナリオ、ティーチに敗れた能力者が辿る末路とは?

頂上戦争にて大活躍した白ひげ海賊団一番隊隊長、不死鳥のマルコ。

その戦闘能力は極めて高く、悪魔の実の能力と武装色の覇気の併用によって海軍大将を相手にしても互角にやりあえるレベルの強キャラです。

820落とし前
ワンピース820話より引用 マルコと黒ひげが衝突したことが語られた

で、820話では上記の通り、黒ひげとマルコが正面衝突したことが判明したわけです。

トリトリの実モデル“フェニックス”の能力者といわれていますけど、ヤミヤミの実を相手にすればなかなか苦しい戦いを強いられることは間違いなさそう。

ここでもし彼が敗北してしまった際に訪れる“最悪のルート”を考察してみましょう。

【スポンサーリンク】

犠牲者マルコの辿る可能性のある最悪のルート

まず、不死鳥のマルコが辿る最悪のルートはやはり「死」です。

ワンピース820話のネコマムシによると「生きていればマルコの行方には心当たりがある」とのことなので、死は免れていると思うんですが・・・。

820ネコA
ワンピース820話より引用 ネコマムシはマルコの行方に心あたりがあるらしい

このカットを確認する限り、生きていると判断できる…いや、そう信じたいというもの。

で、黒ひげ海賊団を相手にするときに最も気をつけたいのが以下になります。

【ワンピース】悪魔の実が宿るのは脳味噌?心臓?隠された真実を考察!

上記仮説の通り、もし悪魔の実が宿るのが脳に宿るんだとしたら。

ここで詳しくは書きませんが、想像通りの展開になってしまっている可能性もあります。

黒ひげは悪魔の実の能力者狩りをしていたりもしますからね。

【ワンピース】デビルフルーツナイフ?黒ひげが知る悪魔の実の奪い方!

これらの点を総合的に考えると、黒ひげに敗れた者がどのような末路を辿るのか・・・背筋がゾッとします。

【スポンサーリンク】

さらにあるウワサによると

また、あるウワサによると、黒ひげによって能力を抜かれた人間は廃人のようになってしまうとも言われています。

後半の海に入ってからというもの、尾田栄一郎先生は結構ショッキングな展開に持っていくこともありますからね。

【ワンピース】残酷なシーンをまとめてみる。

これらのことを考えると、マルコの精神が崩壊してしまっているという可能性も充分にあるかもしれません。

イヌアラシ820
ワンピース820話より引用 これがあるからイヌアラシがこの発言をしているのかもね。

この発言も上記を踏まえると、非常に意味深。

黒ひげに敗北した・・・というだけであれば、打倒カイドウに協力してもらえる可能性も充分あるはず。

でも、イヌアラシ公爵は希望は薄いと断言している。

イヌアラシ公爵は何かを知っているのかもしれません。

変わり果てた姿

頂上戦争の因縁を果たすために行われたと考えられる“落とし前戦争”

この戦争に惨敗してしまったことが判明している・・・ということは。

マルコが生きているとすれば「最終的には撤退した」ということになるんでしょうが、この戦いで賭けているものは「親父・白ひげに対する落とし前」であり、引くに引けない戦いだったはず。

撤退して仮に生きていたとしても、心と体の両方に大きな傷を抱えてしまっているに違いありません。

最悪の場合、黒ひげによって能力を抜かれ車椅子状態「あ゛ー…」とかだけしか喋れなくなっていたりするのかも。

バトワンとしては変わり果ててしまったマルコの姿はあまり見たくないんですけど、尾田栄一郎先生ならやりかねないかも。

もし運命がそう導くなら、仕方ないと思って受け入れますけど、マルコにはなんとか無事でいて欲しい!

尾田栄一郎先生は画力もハンパないだけに、見ているこちらも結構感情移入ちゃいますからね。

どうか不死鳥のマルコが無事でありますように!

【スポンサーリンク】