【ワンピース】モクモクの実の覚醒はあるのか?スモーカーの強み!

ルパン三世でいえば「とっつぁん」の立ち位置であるスモーカー。

パンクハザード編で再登場し、ヴェルゴと死闘を演じました。

さて、そんなスモーカーの悪魔の実は「モクモクの実」ですが、この悪魔の実がもし覚醒したらどうなるのでしょうか。

少し考察をしていきます。

【スポンサーリンク】

そもそもまだ能力をフルに活かし切れていない

モクモクの実の能力は、自分の体を煙に変えることですが、スモーカーはまだその能力をフルに発揮できていないような気がしてなりません。

今現状でのスモーカーは「実態が無い」といった部分でしかモクモクの実の能力を発揮できていないのです。

これは他のロギア系能力者と比較しても若干異常であり、もっと煙特有の能力を発揮してもいいのではないでしょうか。

12スモーカー
ワンピース12巻より引用 スモーカーの攻撃は煙になるだけ!

一応ロギアなので強そうに見えますけど、上記カットの通りスモーカーの攻撃は煙になる“だけ”です。

煙とは、Wikipediaによるとこのように記載されています。

煙は、木や油脂のような有機物を、酸素過剰または逆に酸素不足の状態で不完全燃焼させたときに灰色や黒色の煙が出ることが多いが、そのような状況で燃焼させた時に煙に含まれる成分の大半は炭素、すなわちすすである。

ただのススならば生体へ及ぼす影響は軽微(炭素は自然界に豊富に存在する)だが、燃焼物に含まれる窒素や硫黄、銅や亜鉛と言った金属も含まれた煙の場合、場合によっては非常に毒性の強い煙が出ることもある。

引用:-wikipedia-

つまり、毒の要素があるということです。

これはガスガスの実の下位交換であるとみることも出来るでしょう。

【スポンサーリンク】

モクモクの実の覚醒は?

上記引用から察するところ、ガスガスの実と比べてモクモクの実には、吸い込んでも害が少ない、という特徴もあると考えられます。

あるいは、熟練すれば「有害・無害の度合を調整できる」という点で、もしかしたらガスガスの実以上に使い勝手が良いかもしれません。

さて、問題の覚醒についてです。

パラミシアは「周りの環境に影響を与え始める」、ゾオンは「異常な回復力とタフさが売り」、となっていますが、ロギアに関してはこの記事を書いている現時点ではまだ具体的な効果が描写されていません。

では、ロギアの覚醒はどのようなものか?
それは現時点では「巨大化」のように考えられます。

例えば空島編で出てきたエネルや、エースが黒ひげとぶつかった際に発した大炎戒、炎帝です。
これは明らかに実体の体積が増えています。

対して同じロギア系であるクロコダイルは巨大化出来ませんから、これらには差があると見るのが自然です。

また、別の可能性としては、パンクハザード。
この島で青雉と赤犬が決闘したわけですが、その戦いの傷跡は後々にまで島に影響を与えています。

もし、ロギアの覚醒が体積の増加であれば、モクモクの実の覚醒ではスモーカーの巨大化である可能性があります。
そして、後々の環境にまで影響を与える、ということであれば、煙に包まれた、人の住めない島を作ることも可能でしょう。

ロギアの覚醒の詳細が分からない限りはなかなか覚醒の考察が難しいところではありますが、スモーカーがモクモクの実の能力を活かしきれていないのは確か。

これから先、明確なロギアの覚醒が明かされるのが待たれるところです。

【スポンサーリンク】