【ワンピース】ユースタス・キッドの強さ・能力を考察!

最悪の世代の中では現状まだまだ謎につつまれているユースタス・キッド。

カイドウとの対面がありましたけど、その後どうなったんでしょうね。

794話でカイドウと対面して以来、その後の描写がないので、これからどうなるか非常に気になるところ。

よくよく考えると、新しい世代のうちでキッド、アプー、ホーキンス達が一番最初に四皇と衝突したということになりますね。

【スポンサーリンク】

ユースタス・キッドの技・能力・悪魔の実について

ユースタス・キッドの技を見る限り、磁力を扱う能力であることは間違いなさそうだと思います。

52キッド
ワンピース52巻より引用 キッドは金属を右手に吸い寄せていた。

金属を引き寄せているわけですから、以下あたりの名前になってくるでしょうか。

  • マグマグの実
  • ジキジキの実

サラっと磁力を扱ってみせたキッドなわけですけど、磁力というのはかなり強力な武器だと思うんですよね!

磁力というのは「電流などが発生させる磁場によって引き起こされる力」のこと。

このあたりは科学の時間に学ぶ内容だったりしますね!

で、この磁場なんですが、磁石をイメージするとピンとこないわけなんですけど「磁力=電気によって生まれる力」と考えると、その脅威がわかると思うんです。

電気といえばあの人が思い浮かびますよね!

【スポンサーリンク】

電撃といえばこの人、エネル!

電撃といえばエネル!と即座に思い浮かぶと思うんですが、エネルに関してはロギア系の能力者です。

空島アッパーヤード、スカイピアにて麦わらの一味を苦しめましたね。

雷と同化するような大技、2億ボルトアマルが印象的でした。

2億ボルトアマル32巻
ワンピース32巻より引用 2億ボルトアマルはかなり巨大な”雷神”のように変化する技

で、キッドに関しては磁場を扱う能力を持っている。

磁場…電気の流れ…これを扱うことが出来るのであれば、もしかしたらエネルと戦った際に電気を受け流すあるいは、「磁場をさらにデカくする」といったことが可能になるかもしれません。

そう、つまりこれ、キッドもルフィと同様に、エネルの天敵である可能性がある、ということになると思うんです。

また同時に磁力を扱えるということは、もしかしたら空間から電気を取り出すことも出来るかもしれない、とも思うんですよね。

と、なってくると、ゴロゴロの実のパラミシア版みたいな感じをイメージしてしまいます。

丁度、ガスガスの実とドクドクの実のような関係性ですね。

そうなってくると、今後キッドのマグマグだかジキジキだかの能力が覚醒した時が楽しみですよね。

覇気の設定が出てきてからというもの、パラミシアのほうがロギアより上のような印象をうけるようになりました。

そうすると、ゴロゴロの実のエネルよりスピードは劣るものの、周囲の環境に影響を与え始めるパラミシアの能力を持ったキャプテンキッドのほうが、戦闘能力の上限値は高いのかもしれませんね。

【スポンサーリンク】