【ワンピース】ロッキー・ポート事件の真相と、死の外科医トラファルガー・ローについて!

死の外科医トラファルガー・ローが首謀したとされる、ロッキー・ポート事件。

これに関しては政府にとってかなり重要視されている事件ですので、今回は深く追ってみます。

トラファルガー・ローが海軍に脅威とみなされている理由でもあるところで、重要ポイントでもありますからね。

【スポンサーリンク】

ロッキー・ポート事件について

現状ロッキー・ポート事件についてわかっている情報は、トラファルガー・ローがその首謀者であるということ。

首謀者ということは共犯者がいるわけで、今の麦わらの一味との同盟のように、どこかしらの海賊と組んで成し遂げた事件である、と考えるのが妥当でしょう。

そして、新世界にて「海賊の心臓100個を海軍に持って行くことによって」 七武海入りを果たしたとされているので、これと絡めて考えるのが一番ナチュラルなのかな、と思います。

ロッキーポート事件の首謀者
ワンピース第七十巻より引用 ローがロッキーポート事件の首謀者と判明

そうなると、海賊の心臓100個にどのような意味があるのか?といった点が最も重要なポイントになってきますね。

当サイトの考えはこうです。

・海軍に対して協力的であることを示すため
オペオペの実の能力を持っていることを示すため

この2つが同時に果たされるのがこの心臓100個の献上なのではないでしょうか。

特に重要なのは後者のオペオペの実の能力を持っていることを示すため、といった部分です。

オペオペの実は政府にとっても非常に重要な悪魔の実なわけですからね。

また、ローが医者で、才気もありそう、となってくればローにとっても“迂闊にオレを殺せない”といった保険をかける意味が生まれてきます。

しかも、ロー=オペオペの実という事実は海軍としては公にしたくない事実であると考えられます。

よって、これを海軍に教えたところでローを狙う追っ手が増える、ということもなく、単純に自分の命に保険がかけられるということになるかもしれません。

【スポンサーリンク】

ロッキーポートは港町?

◯◯ポートという名前はいかにも港町、といった感じがしますね。

グランドラインの前半では荒くれ者が集まる港町ウィスキーピークがありましたが、あんな感じの場所かもしれません。

そこに共犯者を連れて乗り込んだトラファルガー・ローが一夜にして荒くれ者達を全滅、その証拠として心臓を100個奪い取った…ということかもしれませんね。

67巻
ワンピース第六十七巻より引用 七武海になるために海賊の心臓100個を海軍に届けたことは今や恐れの対象になっている

いずれにせよ、トラファルガー・ローが七武海に入ることは、コラソンの本懐を遂げるためにも必要であり、また自分の能力を公開することで海軍にも縛りを与える、一石二鳥の効果がある、ということがいえるでしょう。

問題はロッキー・ポート事件の共犯者ですね。

これが誰になるのかが非常に興味深いところになってきます。

すでに新世界で登場しているキッド、ホーキンス、アプー、カポネ・ヘッジ、ボニーあたりは少し考えにくいんじゃないかと思います。

Xドレークあたりはもしかしたら有りえるかもしれませんね。

【スポンサーリンク】