【ワンピース】世界政府が戦争を起こすメリット、または「ワノ国を守るカイドウ」という公式はあり得るのか?

どん!

「世界政府の戦争を起こすメリットって何だ?」という疑問があがっていたようなので、今回はその辺りについて一緒に考えていきたいな、と思います。

あと、その辺を考えていると少し「おでん様がワノ国の開国を目指す」というのに違和感を感じる気もして。

今回の記事はむしろ「謎」のほうが強く噴出する感じなので、読むとモヤモヤするだけかもしれません。

【スポンサーリンク】

世界政府は戦争を起こすメリットはあるのか?

世界政府にとって戦争を起こすメリットがあるとしたら、それって何なのかな?

バトワンとして考えられるのは以下くらい。

  • 戦争を起こして、それを華麗に解決する → 一般人に「政府=正義の味方」と思い込ませることができる
  • 戦争が起きて価値の落ちた土地を「復興」の名の元に奪い取る → フレバンスとかオハラは今どうなってるんだろう?
  • 実は世界政府も武器の密売に絡んでいる → 世界政府の中にジェルマ66が潜伏しており、武器ビジネスで資金繰りしてる?

うーん、どれも黒い…。

世界政府は今、フレバンスやオハラをどのように扱っているんだろう。

やっぱりオハラは「ポーネグリフの解読=空白の100年に迫ること」を阻止するために、厳重な監視下におかれているのかな。

ちょっと気になるよね。

これまでの展開を踏まえると、世界政府が戦争を起こしたいのは「ワノ国」なんじゃないかと思うんだけどなぁ。

ワノ国にはロジャーと共に「空白の100年」を知ってしまった光月一族の縁の地なわけで、それを知っている人物は抹消したいと考えるのが自然な気がするんです。

世界政府はオハラのように、ワノ国をぶっ飛ばしたいんじゃないのかな?

でも、カイドウがのさばってるから出来ない…ということだろうか。

いやでもカイドウも「最高の戦争を始めようぜ」とか言ってるしなぁ。

この理論を突き詰めて言うと、結果的にカイドウがワノ国を世界政府から守ってくれている…って側面が出てきたり、とんでもない結果が導き出されてしまうような。

【スポンサーリンク】

ワノ国は開国後どうなる?

ここでちょっと角度を変えてワノ国の開国について考えてみます。

ゾウ編にて、ルフィたちがワノ国を開国する方向で一致したわけなんだけど、ここに少し違和感があるようにも思えてきます。

819開国
ワンピース819話より引用 ルフィたちはワノ国を開国する流れに

ロジャーのクルーであった光月おでん様が「ワノ国の開国を望んだ」っていうのが少し不思議な気がするんだよね。

気のせいかな?

今ってワノ国の将軍とカイドウが今組んでいて、鎖国をしているわけだよね。

ワノクニ鎖国国家66
ワンピース66巻より引用 ワノ国は鎖国国家で世界政府も近づけない

これを開国しようとしてるってことは、おでん様は「ワノ国は世界政府に加盟すべきと考えてる」ってことになるんだろうか。

Dの一族であるロジャーのクルーが?世界政府に?

Dに食われる77
ワンピース77巻より引用 ロシナンテの故郷マリージョアでの言い伝え、Dと天竜人は天敵だったはず。

「天竜人=世界政府を作った人」と「Dの一族であるロジャーのクルーである光月おでん」はどっちかというと敵対する考え方の持ち主であるはず…。

なのに、おでん様は「ワノ国の開国」を示唆してるのは何故なんだろう?

「世界政府への加盟」と「ワノ国の開国」はイコールじゃないってことなんだろうか。

光月おでん様とロジャーが志を同じにしているなら、ワノ国の開国を望むのは少し辻褄が合わないようなきがするんですよね。

光月おでん様がワノ国を世界政府に売ろうとしたとか?

そんなの有り得るのかな。

この辺りはわりと謎が残る展開なので、この謎は謎のままで記しておきます。

これまでの流れでは「カイドウ&ジャック=悪」って印象なんだけど、真実は真逆だったりしてね、尾田栄一郎先生ならやりかねない気もする。

このあたりの疑問が今後の展開に影響してくるか楽しみ!

【スポンサーリンク】