【ワンピース】予告と誘導、計画を祝うホーミーズの歌について!

今回の854話の内容の中で、ビッグマムのセリフとホーミーズの歌が絡められ、トットランド序盤の流れへと関連付けられたね!

尾田先生はこういう紐付け方とか、意識の誘導が本当に上手いと思う!

あえて触れるまでもないかな?とも思ったけど、せっかくだから触れておこうと思うよ!

【スポンサーリンク】

予告と誘導、計画を祝うホーミーズの歌について!

さて、今回の854話で具体的に誘導が行われたのは以下のカットからの一連の流れ。

具体的に“地獄のお茶会”がどのように進行されるのか…といった部分が明らかにされた感じだ!

何が、どのように、地獄のお茶会なのか…が綿密に解説され、過去のあるカットと結び付けられた!


ワンピース854話より引用 伏線回収の決め手となったと思われる一コマ!

これまでも“計画”については色々と語られてきた。

しかし「地獄のお茶会っていうのはこういう意味だったんだよ」って部分がここまで丁寧にタネ明かしされたのは初めてなんじゃないかな!

現代漫画にとってかなり重要な“伏線”という技術だけど、この伏線ひとつをピックアップしても、尾田先生は“常に新しいタイプの伏線の張り方&回収の仕方”を考えている印象を受けるよね!すごい!!

今回は読者の心理を巧みに利用した意識の誘導によって、華麗に伏線を彩って魅せてくれた!

【スポンサーリンク】

地獄のお茶会、本当のパーティーの始まり!

後半は“上記の流れによって誘導されたシーン”について触れていこう!

このカットはこれまでの展開のあらゆる面とリンクしていたし、フォロワーさんとかでも指摘してる声が多かった部分だと思う。

今となっては懐かしいWCI入り口だよね、ホーミーズたちの歌声がこだまする!!


ワンピース82巻より引用 ホーミーズたちの歌声がこだまする!

  • 「イチゴのジャムかな?誰かの血かな?」
  • 「甘ーいひととき、悪魔のいけにえ」

これらのメッセージは“まんま今の状況”って感じだね!

ちなみにホーミーズの「イチゴのジャムかな?誰かの血かな?」という歌に対し、マムが「構やァしないよどっちでも!!!」って発言しているところはちょっと注目かもね!

VS家の暗殺計画を全面に押し出している今の流れ。

上記カットの暗示を鵜呑みにするなら、この時点でマムは“ジェルマをどうするか決め兼ねていた”ってことになる。

わかんないけど、この“計画”は物語の途中、どこかの場面で“確定した”ってことなのかもね!

例えば、以下のカットのタイミングとか。


ワンピース847話より引用 ジャッジを睨みつけるマムと、それに気付かないジャッジ!

これまでは「ジェルマの対応次第では生かして利用してやる」みたいな感じだった。

でも、この発言によって「殺して奪え」の方針が確定した。

まぁこのバックグラウンドは語られないと思うし、実際どうなのかはずっと“闇の中”になりそうな気がするけどね!

この“計画確定のタイミング”は物語に重要な影響を及ぼすアレでもないと思うからあまり気にする必要はないと思うけど…。

ともあれ、何がどこで繋がってくるかわからないからこそ、一応頭の片隅に置いておきたいコトのひとつではあるかもしれない!!

【スポンサーリンク】