【ワンピース】五老星は天竜人?赤犬「頭飛び越えられたんと違いますか?」について!

ドフラミンゴの七武海脱退を受け、赤犬が五老星と対話しました。

その際に発した言葉がこれです。

79天竜人の傀儡
ワンピース79巻より引用 五老星に啖呵を切る赤犬の一言 世界政府の裏事情が垣間見える。

「CPか…早ァ話があんたらも頭飛び越えられたんと違いますか!?天竜人の傀儡に!!」

上記のカットにおける、このセリフの意味がいまいちよくわからなかったのですが、少し掘り下げてみるとある仮説に辿り着いたので報告します。

【スポンサーリンク】

五老星は天竜人?赤犬「頭飛び越えられたんと違いますか?」について!

ロズワード聖、チャルロス聖などを見ていると、五老星とはまったくタイプの違う人間に見えましたので、五老星は天竜人ではない、という勝手な固定概念を抱いてきました。

つまり、五老星の上に天竜人がいると考えていましたが、やっとスッキリする仮説を見つけました。

この赤犬の言葉には非常に意味深な表現がいくつか含まれれています。

大切であろうところにアンダーラインを引きますね。

CPか…早ァ話があんたら頭飛び越えられたんと違いますか!?天竜人の傀儡に!!」

この”も”と、”傀儡(かいらい)”に、という部分に違和感を持っていたんです。

また、この文章であれば、CP=天竜人の傀儡である、と読むことも出来ます。

これらを元に考えると、五老星=天竜人のうちの数人である、と仮定した場合は以下の様になると考えられます。

・天竜人は全部で19家族いた
・ホーミング聖が「人間宣言」をしたので今は18家族
・そのうち5人は五老星
・そのうち4家族はロズワード家、ジャルマック家、ミョスガルド家
・残る9家族は不明
・天竜人は傀儡(かいらい)を用意していた
※傀儡とは、操り人形のような立ち位置のものを指します。
・その傀儡は元々天竜人の”使い”程度だったが、現在は一部の天竜人よりも強い実権を持つようになった(頭を飛び越えた)
・赤犬はそれを知っていたので、五老星にその言葉をぶつけた

これであれば、赤犬の発言の辻褄がスッキリと通るようになるのです。

【スポンサーリンク】

ラスボスがついに影を表したのか?

これまで、ワンピースのラスボスは黒ひげ、あるいは天竜人である、と考えてきました。

しかし五老星=天竜人、という仮説を元にして考えると、話が変わってきます。

そうなれば、天竜人や世界政府と”闇ルート”を通じて取引をしていたと考えられる”黒ひげ”や”ドフラミンゴ”がもしかしたら巨大な悪の組織の下っ端である…と考えることも出来るのです。

もちろん黒ひげが天竜人の傀儡(かいらい)であるという可能性もまだゼロではありませんが、現状の行動を見る限りではその可能性は薄いでしょう。

となると、これまで全くストーリーに出てきていなかった誰かが天竜人の傀儡として発表され、それがラスボスだった、と発表される時がくるのかもしれません。

ともかく、この説を真とするのであれば、黒ひげや四皇なども、まだまだ最後の敵と比べれば全然大したことがないのかもしれない、という脅威の可能性がある、ということです。

個人的には現段階ではCP”イージス”ゼロが怪しいのではないか?と妄想しています。

【スポンサーリンク】