【ワンピース】仮に今の四皇がいなかったら誰がその座についていたのかな?

現在の四皇はご存知、黒ひげ、シャンクス、ビッグマム、カイドウの4人。

センゴクによると白ひげの“グラグラの実”の能力は、世界を破壊する力を持っているとのこと。

よって、この4人もまた同等レベルの脅威を持っているに違いない!

しかし、彼らがもしいなかったら、現在の海の帝王は誰になっていたのだろう?

【スポンサーリンク】

仮に今の四皇がいなかったら誰がその座についていたのかな?

ここでは“仮に”って話になってくるから、バトワンの主観だと思って受け止めて欲しい!

なお、候補は0巻から最新話までで登場した全海賊を含めてピックアップしていこうと思う!

金獅子のシキ

まず、トップにカウントされるのは、なんと言っても金獅子のシキだよね!

インペルダウン過去唯一の脱獄者だ!

シキ0
ワンピース0巻より引用 金獅子のシキの外見はこんな感じだ!

戦闘能力にしてもかなり強力なものを持っていたし、ラフテルとか“世界を滅ぼす兵器”の存在にも薄々勘付いてるっぽい感じ。

かなり世界の中枢に肉薄している人物であることは間違い無さそうだよね!

ルフィにやられたのが不思議なくらいだけど、彼の実力は本物だと思う!

バーンディ・ワールド

バーンディ・ワールドは過小評価されすぎているような気がするんだけど、四皇を脅かすレベルにある強海賊だと思うんだよね!

全身武装色になってるし、武装色の覇気のコントロールのレベルが高いのは間違いない!

バーンディ
ワンピース3D2Y及びYOUTUBEより引用 全身を武装色でまとったバーンディワールド

さらに、彼の使用するモアモアの実の能力も相当な破壊力を持っているわけで。

なんだかんだ言ってこの能力はパラミシア系の悪魔の実の中では最強クラスなんじゃないかな?

純粋に身体能力を強化することが出来るモアモアの実と、武装色の覇気の相性は抜群だ!

【スポンサーリンク】

ドンキホーテ・ドフラミンゴ

世界の大物を相手に狡猾な取引を進めてきたドフラミンゴ。

普通に考えて、政治的・戦略的な部分でいけばドフラミンゴは四皇クラスの実力を持っていると断言して良さそう。

ドフラミンゴの嘘70
ワンピース70巻より引用 ドフラミンゴは武力・知力共に四皇クラスだと思って間違いないと思う!

背後から国や人々を操り、自分は極力表には出ない。

そのうえで実際戦闘をさせてみたら悪魔の実の“覚醒”まで駆使してしまう実力者。

油断してしまったり、過信してしまったりする弱みはあるけど、もし四皇という立場にまで上り詰めていたとしたら彼に訪れる苦難の質も変わってくるわけで、もっと隙の無い海賊になっていたかもしれない!

4人めは鷹の目あたりが有力か?

4人めの四皇は何人か候補がいて難しいところだけど、やはり鷹の目あたりが有力な気がする。

6ミホーク
ワンピース6巻より引用 鷹の目は世界最強クラスの剣士だ!

また、シャンクスが中立であることを考えると、やはり中立の海賊が四皇に1人はほしいところ。

鷹の目に関しては実力も充分だと思うしね!

他にはクロコダイルなども候補としてあがると思うけど、今のクロコダイルではさすがに“四皇”までは厳しいんじゃないだろうか?

いや、今なら武装色・覇王色もマスターしてそうだから、クロコダイルもいけるかもね!

現在海に君臨する四皇がもしいなかったら、おそらくこのあたりのキャラクターが頭角を現してきていたかもしれない!

こうやって比較してみると、今の四皇よりワンランク劣るような面々にはなってしまうけど、今の四皇も“最初から今のように猛威を振るっていたわけではない”と思うんだ。

四皇になる前はやはりルーキーだったりしたと思うし、四皇というポジションに相応しい海賊に成長してきた…みたいなバックボーンもあるかもしれない。

そう考えると、上記の4人が四皇に君臨していれば、今頃現在の四皇と同等の脅威になっていたかもしれないね!

そんなワンピースもちょっと見てみたい気がする!

【スポンサーリンク】