【ワンピース】天夜叉ドフラのゴルゴルの実オークション&テゾーロ、または奴隷解放事件について。

ドフラミンゴとテゾーロの関係に関しては色々と考察内で指摘してきたんだけど、ついにその関係性が明らかになってきたね!

しかし、その内容はバトワンにとって少し意外なものだった。

ドフラミンゴが世界にどれだけ深く食い込んでいるのかといった点が興味深い!

【スポンサーリンク】

天夜叉ドフラのゴルゴルの実オークション&テゾーロ、または奴隷解放事件について。

今回明らかにされたテゾーロの背景。

それは、フィッシャー・タイガーの奴隷解放事件とか、天夜叉ドフラミンゴのゴルゴルの実のオークションなどに紐付いてくるものだった。

テゾーロ人生27
2016週刊少年ジャンプ27号より引用 テゾーロの人生について公開された設定資料4

上記のカットからわかることについて触れていこう。

  • 現在41歳(15年前は26歳)
  • 奴隷解放事件の時に、命からがらマリージョアから逃げ出した
  • その後ゴミ漁りから犯罪者への道を歩む
  • 金持ち&貴族が憎い

年齢は41歳とのこと、このあたりは納得って感じ。

で、奴隷解放事件の時にマリージョアから脱走したわけだね。

ってことは、フィッシャー・タイガーが暴れてくれたことには一定の感謝をしているかもしれない。

ちなみにフィッシャー・タイガーの外見は以下。かっこいい!

63タイガー
ワンピース63巻より引用 奴隷解放の英雄フィッシャー・タイガー。

バトワンはフィッシャー・タイガーがかなり好きなので、ここで映画に絡んできてくれるのはだいぶ嬉しい!

彼は素手でレッドラインをよじ登り、マリージョアの奴隷を一挙に開放したんだよね。

その時に開放された奴隷として、現在の海賊女帝ハンコックが存在していたり、ハチの存在が浮かび上がったりする。

そうなってくると「テゾーロは彼女らと面識を持っているのか?」といった点とかも、ちょっとだけ気になるポイントになってくるね!

【スポンサーリンク】

ゴルゴルの実はドフラのオークションで奪い取った?

また、テゾーロにゴルゴルの実を流したのはドフラミンゴであることが判明している。

テゾーロが“金”という力を得たのは、裏にドフラミンゴの暗躍があったんだね!

27ドフラ
ワンピース63巻より引用 背後にドフラミンゴの影がチラつく!

上記カットを見る限り、ドフラミンゴのオークションに“ゴルゴルの実”が出品されたことは間違いない。

そして、犯罪者達をそそのかし、会場に火を放って奪いとったような感じで描かれている。

この際に何百人もの死傷者を出したということで、大事件として認知されているみたいだ。

ちなみに51巻で描かれた、シャボンディ諸島のオークションの司会者は以下。

51ディスコ
ワンピース51巻より引用 シャボンディ諸島の人間オークション司会者はディスコだった!

ゴルゴルの実のオークションの際に上記ディスコが司会をしていたかどうかは不明だけど、彼のバックにドフラミンゴがついていたのは周知の事実。

で、シャボンディ諸島は全ての航路が一旦“一箇所”に絞られる場所で、多くの人が集結する場所だよね。

希少なモノをオークションで競い合わせるには絶好の場所だし、ゴルゴルの実のオークションもシャボンディ諸島で行われたのかもしれない。

きっとその時にテゾーロの大規模放火事件が起こったんだね!

しかし、ゴルゴルの実を手にしたテゾーロからは現在ある意味で“世界を動かす力”を手に手に入れたような印象を受ける。

ドフラの商品を強引に奪ったってことで一瞬キレられたかもしれないけど、以降目をかけられている…って可能性もあるのかも。

やり口が狡猾で残忍だから、少なくともベラミーよりは高評価されてるかもしれないね!

今後明かされてくるドフラとテゾーロの関係性がとても楽しみだ!

【スポンサーリンク】