【ワンピース】懸賞金が低いほどヤバイ?七武海から読む世界政府の脅威!

懸賞金額は強さを示す指標と勘違いしている方が多いようですが、懸賞金は政府にとっての危険度によって設定されるものなので、必ずしも強さを表すものではありません。

特に七武海などにかんしては懸賞金が低いほどヤバイと考える事が出来ます。

すこし検証していきましょう。

【スポンサーリンク】

懸賞金と強さの関係

懸賞金と強さにはある程度の関係もありますが、必ずしも強さのみを表す指標ではありません。

順を追って確認していきましょう。

七武海の懸賞金を確認

まず、七武海の懸賞金が以下になります。

トラファルガー・ロー…元4億4000万
ジンベエ…4億超え
ドフラミンゴ…3億4000万
ゲッコー・モリア…3億2000万
バーソロミュー・くま…2億9600万
クロコダイル…元8100万
ハンコック…元8000万
バギー…元1500万

ドフラミンゴより弱いと考えられる、トラファルガー・ローとジンベエが共にドフラミンゴの懸賞金を凌いでいます。

当のドフラミンゴはモリアとほぼ同等ですね。

で、あのクロコダイルがローの4分の1以下の評価です。

クロコダイルは七武海の中で最も古代兵器に近づいている人物であるため、その危険度は少なくともモリアよりも上であると考えられます。

このことから、懸賞金がたった8100万の時点で七武海に抜擢された事実がわかりますね。

ドフラミンゴは世界政府の見解として、「後にドフラミンゴやモリアくらいの脅威になり得る」と考えられていたと予測できます。

そういった意味ではハンコックもクロコダイルと同等に“早い段階から脅威と思われていた”と思われます。

【スポンサーリンク】

その他の人物と絡めて考察

他の人物と絡めて考察してみましょう。

考察に役立つのは以下の人物たちです。

・ニコ・ロビン…幼少時ですでに7900万
・濡れ髪のカリブー…2億1000万(クロコダイルより上の懸賞金)
・茶ひげ…8006万

これらの人物と七武海の懸賞金を比較してみましょう。

まずロビンに関しては幼少期で7900万ベリーです。

いくらハナハナの実の能力を持っていたとしても、それだけこの懸賞金にはなりません。

これは世界政府にとってオハラの生き残りがいかに脅威であるかを示しています。

また、新世界で登場した濡れ髪のカリブーの2億1000万ベリー、茶ひげの8006万ベリーも大変参考になります。

ハンコックと比較して茶ひげが同等の脅威であるわけがありませんね。

これはハンコックの“天竜人の元奴隷”といったバックボーンが政府の危険視レベルを上げている可能性が高いでしょう。

カリブーの2億1000万ベリーは、弟のコリブーと合わせると3億を超える懸賞金額になります。

コリブーとの合計額はドフラミンゴを超えますが、2人束になってかかってもドフラミンゴには敵いそうもありません。

懸賞金額=世界政府からの危険レベル

これらの懸賞金を比較してみると、懸賞金が低い段階で七武海になった人物がいかにヤバイかがよくわかります。

また、大航海時代が深まるに連れ、世界政府が海賊にかける懸賞金額を高く設定するようになってきている可能性も充分にあります。

つまり、懸賞金額の底上げがなされている可能性もあるのです。

これらを踏まえて懸賞金額を再度確認してみると、また違う見方が出来るかもしれませんね。

【スポンサーリンク】