【ワンピース】海賊王の足跡、ロジャーは白ひげの元クルーである可能性大!

ロジャーの足跡・・・歴史をひとつなぎにしようと色々試行錯誤しているんですけど、ちょっとどうしても辻褄が合わないところが多くて困っています。

抱いている疑問の中心は「ロジャーの奇妙な言動」なんですよね。

ちょっと今回はその辺りにも軽く触れながが、海賊王の足跡を辿っていきます。

ロジャーの足跡年表を見たい方はこちらから。 

【スポンサーリンク】

海賊王の足跡、ロジャーは白ひげの元クルーである可能性。

独自の考察なんだけど、ようやく辻褄が合う流れを見つけたので公開します。

その仮説とは“ロジャーは昔、白ひげ海賊団に所属していたルーキー”であるというもの。

順に解説していきますね。

世界をひっくり返さねェか?

バトワンとしては、まずこのシーンがそもそも引っかかっていて。

これはいつの話なんでしょうか。

ロジャー61
ワンピース61巻より引用 ロジャーがレイリーを誘ったシーン

何も考えずにいけば「最初にロジャーが海賊団を作ろうとしてたときじゃ?」と思うかもしれないんだけど、ロジャーの出身は東の海。

で、この場所はおそらくシャボンディ諸島なんですよね。

つまりここに至るまでそこそこ冒険をしてきている。

さらに、極めつけはイヌアラシ公爵のこのセリフ。

820冒険をやりなおした
ワンピース820話より引用 “ログの最終地点から”ロジャーは冒険をやり直している。

そう、ロジャーはログポーズの指すグランドラインの航路の最終地点から冒険をやりなおしているんですよね。

で、イヌアラシ公爵は「その“ログ”の最終地点で初めて気づくのだ 歴史の本文と古代文字の謎に」とも発言している。

つまり、空島スカイピアでポーネグリフに「この文を最果てに導く」と、古代文字を掘った時点では、ロジャーは“やりなおしの冒険”に入っていたはずなんです。

で、そこにはイヌアラシ公爵とネコマムシの旦那が同行しているように思える。

820イヌネコ
ワンピース820話より引用 イヌアラシ公爵とネコマムシの旦那は空島にも同行した?

上記のカットで「空に浮かぶ雲の海」と発言しているのは、おそらく“空島の白海・白白海”のことだよね、うん。

そして、イヌネコは「魚人島についても語っている」わけだから、ロジャーが魚人島に立ち寄ったことも確定。

これらを組み合わせて導き出される結論は・・・

「世界をひっくり返さねェか?」とレイリーに伝えた時点で、ロジャーは既に“やりなおしの冒険”に進んでいたんじゃないのかな、と考えられるんですよね。

と、いうことはロジャーはレイリーに会う前にログの終点まで行ったと考えられるわけです。

では、どうやって?

【スポンサーリンク】

ここからがロジャーの足跡の予想

これらを考えあわせて最もナチュラルのが以下の予想。

「ロジャーも誰かの船に乗っており、見習い時代があった。見習いの時代にグランドライン一周を果たした」というもの。

およそ52年前にロジャーがルーキーとして名を馳せたと言われているけど、これは別に“船長”じゃなくても出来るわけだし、とある船のクルーでありルーキーという立ち位置だったのかも。

例えば“白ひげの船の見習い”だったりしたのかもね。

そして、白ひげ海賊団の見習いとしてグランドライン一周を果たしたロジャーは独立し、冒険をやり直した。

だから白ひげは死の際に「ワンピースは実在する!!」と発言。

彼もグランドラインの果てまで辿り着き、古代文字と歴史の本文に辿り着いたからです。

そして白ひげ海賊団はグランドラインを引き返すことになります。

その際に立ち寄ったワノ国で錦えもんとの面識を持ったわけです。

錦えもん820
ワンピース820話より引用 錦えもん達と白ひげ&ロジャーは面識がある

ワノ国にネコマムシ&イヌアラシがいたかどうかは不明ですが、少なくともその時に船長“白ひげ”は、“石”に興味を持っていた光月おでんを回収します。

いや、もしかしたら白ひげの船に乗っていたロジャーが回収したのかもしれない。

光月おでんは古代文字に興味を持っていたし、鎖国に疑問を持っていたから、むしろ自分から志願したのかもしれません。

仮にその時ネコマムシ&イヌアラシがワノ国にいたとすれば、その時に同行。

いなかったとしたならば、「ゾウ」にて彼らを回収したはず。

以下のカットがあるから「ゾウでイヌネコを回収した」という可能性のほうが高いかな。

820従者
ワンピース820話より引用 「乗った時も」ではなく「乗っていた時も」と表現しているところに注目!

白ひげのモビーディック号に「乗った時も」ではなく、「乗っていた時も」と表現してる。

つまり、おでん様がモビーディックに乗った瞬間じゃなくて、途中から合流したと考えたほうが自然かもしれない。

ただ、819話ではイヌアラシ公爵が「光月家とミンク族は古くから何かアレば 運命をともにすると契のある両族」と発言しているため、イヌネコがゾウで同行したのか最初からワノ国にいたのかは今のところ五分五分かも。

さらにグランドラインを逆走する白ひげ海賊団(予想)

で、「ロジャー含む白ひげ海賊団」はグランドラインを逆走、魚人島をナワバリにした。

この時にコンゴウフグの魚人であるトムさんにオーロジャクソン号を作ってもらい、さらにトムさんを船大工として船に迎え入れます。

37トム
ワンピース37巻より引用 トムさんはコンゴウフグの魚人であることが確定してる

そしてシャボンディ諸島まで戻ったところでロジャーは白ひげ海賊団から独立し、レイリーを勧誘しました。

こう考えると辻褄が合うような気がするんだよね。

だから「世界をひっくり返さねェか?」という勧誘が出来たんだと思うんです。

そう、ロジャーは元々白ひげと共にグランドラインの果てまで行き、歴史の本文と古代文字に興味持った。

しかし白ひげはラフテルに興味がなかったため、光月おでんや船大工トム、冥王レイリーを誘って独立、ラフテルを目指す冒険に出た…。

59白ひげロジャー
ワンピース59巻より引用 ロジャーはラフテルに興味がないことが確定している

しばらく航海し、ラフテルに辿り着いて“Dの真実”を知ったロジャーだったが、彼には「死期」が迫っていた。

だから白ひげの元でこのような会話をしたんじゃないかな。

少なくとも、こう考れば矛盾なくナチュラルに筋が通る気がするんですよね。

【スポンサーリンク】