【ワンピース】無表情サンジが招く鏡像の仮説と、ボン・クレー再登場&仲間入りの可能性考察!

今回登場した鏡像“反転ルフィ”と、サンジの姿をしたそっくりさん。

コイツに関してはバトワンは“偽サンジ”だと思っているんだけど、偽物だとしても無表情のサンジの様子はなかなかに見ていて心苦しい!

一体、どのような経緯で彼は生まれたんだろうか?

【スポンサーリンク】

無表情サンジが招く鏡像の仮説と、ボン・クレー再登場&仲間入りの可能性考察!

今回登場した無表情のサンジ。

誘惑の森にはびこる何かしらのチカラによって生み出されたことは間違いないと思う。

サンジ831
ワンピース831話より引用 サンジの無表情が不安に拍車をかける!

彼はルフィに気づいた瞬間に逃げたわけだけど、そもそもサンジがそのような行動を取るとは思えない。

タバコじゃなくて飴を舐めていた点についても不自然だ!

では、このサンジを偽物だと仮定して、どうすればこのような状況になるのか考察してみよう!

パターン1:そのまんまコピーしてるパターン

まず、第一の可能性としては、みんなの知っているサンジを“そのまんまコピーして操ってる”みたいなパターン。

これは可能性として最もヒネリがない流れだとは思うけど、これはこれでありえると思う。

これは“人を複製する能力者”とか、マネマネの実の能力者がおれば、充分出来るんじゃないかな?

もし今回のニセサンジの正体が“ボンちゃん”だったら少しテンション上がるんだけど、さすがにそれはナイだろうなぁ〜。

18マネマネボンクレー
ワンピース18巻より引用 マネマネの実の能力者・ボンクレー!

もしここでボンちゃんが出現すれば、2年ぶりの感動の再開!

さらに、ジンベエ&サンジに加えて、ボンちゃんまで仲間になる可能性が生じるわけで、これは胸が高鳴ってしまう展開だね!

【スポンサーリンク】

パターン2:偽サンジが鏡像だったケース

で、パターン2に関しては、さらに細かく分類される感じだと思う。

おおまかに以下みたいな感じかな?

  1. ヴィンスモーク兄弟の別人の鏡像が偽サンジ
  2. みんなが知ってるサンジは、もともと鏡像だった

さて、どっちが可能性が高いだろう?

①に関してはこっちの記事で考察しているから参考にしてほしい!

【ワンピース】海岸にいたのは別人の鏡像、その証拠に飴を舐めている!

で、②に関しては以下のカットを見てみてもらうとイメージしやすいかも。

81サンジ
ワンピース81巻より引用 サンジの外見を反転させたもの

上記はサンジを“鏡のように”左右反転させてみたイメージ画像。

このカットを見ればイメージしやすいんだけど“はじめからヴィンスモーク家にはコイツがいた”って可能性はないだろうか?

で、コイツの鏡像がみんなの知っていた“イーストブルーから連れてきたサンジ”だったりしてね。

「だったらコイツが結婚すればいいじゃん」って思うかもしれないけど、コイツが植物状態とか仮死状態だったら結婚どころじゃない。

だから鏡像を使おうとした…って可能性もあるかもね!

ただ、だとすればあの“偽サンジ”“麦わらの一味サンジ”と同じ外見をしているわけだし、そっち使えばいい…って話になるかもしれないけど。

偽サンジは“鏡像の失敗作(しゃべれないとか)”で、麦わらの一味サンジは“鏡像の成功例”だったりといった事情があるんだろうか?

さて、様々な憶測が飛び交う“偽サンジ問題”なんだけど、どういう形に収束していくかな!

何回もワンピースを読みなおしつつ、考察を深めていきたいろころだ!

【スポンサーリンク】