【ワンピース】第四の覇気は存在するのか?仮に存在するとしたら…。

ワンピースの新しい冒険が始まってから随分経ち、“覇気”の概念も定着してきました。

レイリーによると覇気は大きくわけて3種類。

  • 敵の攻撃を読み取る「見聞色の覇気」
  • 悪魔の実の能力者に攻撃を通す「武装色の覇気」
  • 相手を威圧する「覇王色の覇気」

武装色と見聞色は誰でも訓練次第で身につけることが出来、覇王色は“生まれ持った資質”であるとして紹介されていましたね。

それではこれ以外の“覇気”のような力は存在するんでしょうか。

今回はバトワンなりに“第四の覇気”の可能性を考えていきます。

【スポンサーリンク】

第四の覇気は存在するのか?仮に存在するとしたら…

レイリーが覇気について語ってくれたのは61巻。

61
ワンピース61巻より引用 武装色と見聞色の覇気について語るレイリー

覇気の設定が登場した時はワンピース読者はかなり驚いたんじゃないでしょうか。

フーシャ村で近海の主を威嚇して追い返したシャンクス。

ゴム人間のルフィにガープの拳骨が通用すること。

そして、空島スカイピアのマントラ。

これらは全て、覇気の能力によって成せる技であったことが判明しています。

何気なく“これまでの冒険”の中に、覇気の要素を忍ばせていたんですね。

と、いうことは、これまでのエピソードの中で怪しいものが他にもあるかもしれない!と思うんです。

【スポンサーリンク】

3つの“気”

3種類の覇気とは別に、まだ回収されていない3種の“気”のようなものがありますよね。

順に羅列すると、以下のようになります。

  • ゾロがモネ相手に使用した“殺気”や“鬼気”
  • コウシロウが言っていた、“何も切らない剣”という概念
  • ブルックの使用する“黄泉の冷気”

この3種類に関しては、まだ完全に解明されていない部分だと思うんです。

ゾロがモネ相手に使用した“殺気”や“鬼気”

69ゾロ
ワンピース69巻より引用 ゾロはロギア系のモネを“恐怖”で叩き斬った

上記カットはロロノア・ゾロがロギア系であるモネを武装色ではなく“恐怖”によって叩き斬った場面。

このカットに関しては“第四の覇気”か、それに類するものの可能性を感じるよね。

“鬼気”とか“殺気”といった、覇気とは別の概念かもしれないけど、特殊な力であることは確か!

コウシロウが言っていた、“何も切らない剣”という概念

21ゾロワンピース21巻より引用 何も斬らない剣が鉄を斬る剣なのか

また、これは21巻、アラバスタ編でMr1と戦った時のゾロ。

ゾロはこの時に“鉄を斬る”という技術を身に付けています。

これも何かしらの“気”の効果かもしれませんけど、どちらかというとサボの竜爪拳に近いような気もしますね。

必ず存在する“核”を見極めて衝撃を与えるというやつです。

拳でやればサボの技、斬撃ならば剣士の技になるのかも。

よって、これはどちらかというと“気”ではなく“技術”のような気がしています。

ブルックの使用する“黄泉の冷気”

65ブルック
ワンピース65巻より引用 

これも何かしら気になる描写のひとつ。

実際この後ブルックは冷気によって氷を発生させていますからね。

もちろんヨミヨミの実の効果の一側面かもしれないんだけど、“魂”が関連しているところを考えると、何かしらの“覇気の亜種”なのかもしれません。

まとめ

全体を振り返って、覇気らしいのはやはりゾロの“鬼気”や“殺気”でしょうか。

いや、ゾロが使用した“鬼気”や“殺気”はもしかしたら“覇王色の亜種”かもしれません。

しかし、どれを取っても特別な力であることは明らか。

もしかしたらこれから明かされてくる可能性があるので、今後の展開を楽しみに待ちましょう!

【スポンサーリンク】