【ワンピース】繋がる闇と共倒れの狙い、四皇2人に死神の鎌!

以前ジェルマ66と戦争屋の概念について考察したんだけど、ついに“ある一本の線”がうっすらと浮かび上がってきたみたい。

杞憂に過ぎないのかもしれないんだけど、一応面白い内容のような気がするので公開してみるよ!

【スポンサーリンク】

繋がる闇と共倒れの狙い、四皇2人に死神の鎌!

今回のテーマは戦争屋。

バトワンが考える戦争屋の概念は以下のページを参考にして欲しい。

【ワンピース】ジェルマ66、戦争屋とは何か?戦争屋の概念を踏まえ考察していく。

でね、この“戦争屋”が、四皇二人の背後にチラつき始めているような気がするんだよね。

ビッグマムに関しては当然これ。

815ペコ
ワンピース815話より引用 断れないオファーによって、サンジが政略結婚の材料にされつつある

ヴィンスモーク家との政略結婚によって生まれるコネクションが、ジェルマ66との関係性として代表的なものになってくると思う。

そしてもうひとつがこれ。

68キッド
ワンピース68巻より引用 キッドは闇のルートと繋がってる?

【ワンピース】闇の仲介人(ブローカー)にキッドの影、戦争屋とのコネクション。

上記カットからの考察記事なので読んでみてもらえると細かくわかるかもしれないんだけど、キッドは闇のルートとつながってるっぽいんだよね。

この闇のルートが必ずしもジェルマ66である確証はないんだけど、もしジェルマ66と繋がってたと仮定してみると。

こちらの記事で触れたけど、キッド同盟はそっくりそのままカイドウの傘下に収まっている可能性がある。

つまり、カイドウとビッグマムの両方にジェルマ66の息がかかっている可能性がある!ということになってくるんだよね。

こうなると爆発的に面白くなってくる!

【スポンサーリンク】

ジェルマ66がカイドウとビッグマムの両方に潜伏成功したとしたら何をするのか?

もしジェルマ66がカイドウとビッグマムの両方への潜伏に成功したとしたら、彼らは何を狙うだろうか。

ジェルマ66の考察についてはこちらの記事を読んでもらえるとわかりやすいとおもうんだけど、要するに簡単に言うと、勢力Aと勢力Bの両方に潜伏し、戦争を煽り、争わせ、武器や兵器を売りつけるという存在。

つまり、カイドウとビッグマムは、ジェルマ66に踊らされているかもしれない!ってことになるね。

もちろん彼ら2人も熟練の海賊なわけで、世界の事情には通じているだろうから、簡単に隙を見せることはないと思う。

でも、もしジェルマ66がビッグマムとカイドウの両方に、気付かれずに潜伏できていたとしたら…。

戦争屋の手によってどちらかが死ぬまで争いを炊きつけられ、富や財を根こそぎ貪り取られてしまう…といった展開になる可能性だって充分あるのかもしれない!

白ひげ海賊団と海軍の頂上戦争を見てもわかる通り、四皇の戦力はまさに世界規模の超スケール。

ビッグマムとカイドウが争えば、戦争屋の潤い方はハンパないに違いないよね。

必ずしもこの予想が的中するとは思わないんだけど、もしそうだったら結構胸が熱くなってしまうかもしれない!

【スポンサーリンク】