【ワンピース】蟹獲り(ガザミドリ)考察、人の形をしたギロチン!

ゾロvsMr1の戦いで披露された考察、蟹獲り(ガザミドリ)。

今回はこの技について考察し、バトワンなりに理解を深めていけたらと思うよ!

見る限りではネジリを利かせつつ放つ斬撃でっぽい感じ!

【スポンサーリンク】

蟹獲り(ガザミドリ)考察、人の形をしたギロチン!

蟹獲り(ガザミドリ)を使うモーション・エフェクトは以下の様な感じ。

刀三本を横に平行になるように構えるのがこの技の導入になる!

背後には“蟹(かに)”のシルエットっぽいのが出ていることに注目!


ワンピース21巻より引用 蟹獲り(ガザミドリ)を使用するゾロ!

ぶっちゃけた話、この構えから斬撃を放つ場合、太刀筋はかなり限られてきそう。

基本的にクローズした感じの構えだから、特に限定的な攻撃になってしまいそうな気はしてしまうところだ!

蟹をモチーフにしているだけあって、三本の刀をハサミのように交差して、斬りつける技っぽい感じ。

刃のついている向きを見る限り、上の刀と口の刀は下方向へヒネりながら振り下ろし、下の刀は下から上に突き上げるような形に流れるんだろうか。

また、これに続くエフェクトからもある程度モーションは汲み取れるかも!

【スポンサーリンク】

クロスしたあとはひねりながら…開く!

蟹の手のように構えた刀3本を交差し、ハサミのように対象を分断する。

相手がスパスパの実の刃物人間でなければ、一撃で首がぶっ飛んでしまいそうな技だよね!

その技の性質は、まさに「人の形をしたギロチン」といったところか!


ワンピース21巻より引用 蟹獲り(ガザミドリ)の太刀筋はこんな感じ!

刀を閉じながら相手に“挟む斬撃”を繰り出す。

上記カットを確認する限りでは、その後に“捻りながら刀を開いている”といった感じの印象を受けるよね!

カニのハサミで相手を斬るだけに留まらず、その直後も思いっきり振り抜いている。

さすがは歴戦の賞金稼ぎ・海賊狩りのゾロと呼ばれるだけあって、その一撃には一切の躊躇いを感じさせないところが凄い!

作中では描かれていないけど、ゾロは相当の数の相手を闇に葬ってきたんだろうなぁ…。

当時のゾロにとってダズは最強クラスの強敵だったと思うけど、怯まずに“むしろチャンス”として解釈した辺りもさすが!

一流の剣士には一流の魂が宿る。

この時点でのゾロの強さは、肉体的にも精神的にもすでに一定の水準に達していたんだろう。

ダズとゾロの戦いが激戦になったのもまた、2人のレベルがかなり高い状態で衝突したからだと思ってたりする!!

【スポンサーリンク】