【ワンピース】誘惑の甘い罠、恋に生きる女性考察4選!

自分に出来ることを徹底的に駆使して大海賊時代を生き抜くキャラクターたち。

男性キャラは喧嘩の強さで相手をねじ伏せ、女性キャラは時にその美しさで周囲を翻弄しているよね!

そこで今回は甘い誘惑を放つ女性キャラクターについて考察してみようと思うぞ!

【スポンサーリンク】

誘惑の甘い罠、恋に生きる女性考察4選!

まず最初に取り上げたいのはドレスローザのヴァイオレット。

情熱の国ドレスローザにふさわしい雰囲気を持つ女性だ!

71ヴィオラ
ワンピース54巻より引用 サンジに抱擁を求めるヴァイオレット

到着してサンジと出会った矢先、追っ手から逃れるためにサンジに抱擁(ほうよう)を求めたヴィオラ。

情熱的な魅力が炸裂し、サンジは鼻血の海に溺れそうになる!

直接的な誘惑が目的だったわけじゃないにせよ、それにしてもセクシーだよね!情熱的!

考古学者ニコ・ロビン

そして二人目はニコ・ロビンについて考えてみたい!

ロビンは“恋に生きてる”って感じじゃないんだけど、たまにちょこっと色っぽい発言をしてたりするんだよね。

ロビンは生涯独身を貫きそうだけど、ジンベエ親分とかネコマムシの旦那みたいな感じが好きなのかもしれない!

65ロビン
ワンピース65巻より引用 ロビンの誘惑は大人の魅力たっぷりだ!

上記の「色男の頼みは断れないの」といったセリフとか余裕のある大人の女性って感じがしてセクシーだよね!

このシーンはとてもカッコ良かったし、きっと現場にいた海賊たちも「うおぉ…」って思ったに違いない!

【スポンサーリンク】

ベビー5

ドフラミンゴ・ファミリーの中でも、ベビー5は“命を賭けて恋に生きる”って感じのタイプ。

ブキブキの実の能力を持つ戦闘員だけど、彼女は“誰かに必要とされること”を自分のエネルギー源として頑張っている感じが素敵だ!

77ベビー5
ワンピース77巻より引用 八宝水軍のサイに自分の居場所を求めるベビー5

ベビー5は事情があって、幼い頃からドフラミンゴ・ファミリーに在籍していた。

結構悲しい過去を持つ彼女なんだけど、サイの嫁になったということで今後は幸せになって欲しい!

相手がたとえダメ男だろうが必要とされたら尽くしてしまう、従順な女性だ!

海賊女帝ハンコック

さまざまな女性が恋の力を糧にして立ち振舞っているのがわかるよね、特にベビー5!

そんな恋に生きる女性の一人に、ハンコックがカウントされるのも忘れてはいけない!

54ハンコック
ワンピース54巻より引用 ルフィに思いをよせるハンコック

“天竜人の奴隷”という辛い過去を持っているハンコック。

天竜人をぶっ飛ばす勇気と行動力を持っているルフィに対して恋に落ちるのに時間はかからなかった!

数多くの女性の中でもトップクラスの高嶺の花であるハンコックに惚れられるなんて、さすがはルフィだね!

ハンコックはルフィへの想いを動力として、以降様々な場面でアグレッシブに活躍している!

恋に生きる女性達:まとめ

こうやって見てみると、多くの女性たちが“色気もある種の武器”して、懸命に立ちまわっているのが見え隠れしてるきがするくるよね!

みんな可愛いからアレだけど、こうやって見ていると「恋を味方につけた女性は強いんだなぁ!」と感じてしまう!

恋はいつでもハリケーン!というのはワンピース世界では全世界共通の合言葉なのかもしれない!

【スポンサーリンク】