【ワンピース】鉄塊・無死角(ムシカク)の強さ考察、とんでもない何やってんだ感!

カクが使用した鉄塊のひとつ“鉄塊・無死角(ムシカク)”

今回はこの技について考察し、バトワンなりに理解を深めていきたい!

この辺りに関してはもはや、とんでもない「何やってんだ感」に満ちあふれていると思う!

【スポンサーリンク】

鉄塊・無死角(ムシカク)の強さ考察、とんでもない何やってんだ感!

鉄塊・無死角(ムシカク)を使用するカクは以下のような感じ。

ここから“独特のモーション”を経て、完成形へと至る感じだ!

そこまでの流れを、ここから順を追って見ていきたいと思う!


ワンピース43巻より引用 鉄塊・無死角(ムシカク)を放つカク!

カクの思考が何がどうなって、このような感じに立ち回ろうと考えたのかは今だに結論が出ない。

しかし、チエノワのような、パズルのような感じに変形していくのは、見ていてめっちゃコミカルで面白いよね!

上記のような動きからさらに首をカクカクさせて以下のような感じに発展!


ワンピース43巻より引用 パズルのように変化するカク!

このあたりの発想に関しては、本気で尾田先生の“発想のパワフルさ”を感じてしまうところだ!

カクカクと動きながら自分の体を操作して、変身していく感じ…良いね!!

【スポンサーリンク】

鉄塊・無死角(ムシカク)の完成形!

で、鉄塊・無死角(ムシカク)の完成形は以下だ!

元々の状態と比較して、むしろ弱体化しているように見えるんだけど、死角は無いんだそうな。

ちなみにこの状態から放つ“嵐脚・麒麟時雨”は、なかなかの威力を誇っていた!


ワンピース43巻より引用 鉄塊・無死角(ムシカク)の完成形には、ゾロですらツッコまざるをえない!

言ってもこの時点のカクはまだ“悪魔の実の能力を得たばかり”の状態。

だからこそ、最も試行錯誤して“自分に合った使い方”を考えるべき時期だといえるんだろう!

これほどまでに実力のあるカクですら、能力を使いこなすためにしている“一定の苦労”が見え隠れしてしまう感じだね!

しかしともあれ、時代はあれから2年も経過している感じ。

2年の間にカクが“キリンの能力”を徹底的に磨き上げていることは間違いないだろう!!

表情はわりと穏やかなカクだけど、剣士ってこともあって闘争心はかなり高い様子。

ゾロに“敗けたこと”が、カクの鍛錬を一層ハードなものにした可能性は十二分にあると思うし、だとしたら再び相まみえる時は“かなりの強敵”としてゾロの前に立ちふさがってくることは間違いないだろうね!

今回のテーマである“鉄塊・無死角”は残念極まりないギャグ技だけど、次回登場した時にはさらに強力な技を用意してくるに違いない!楽しみ!!

【スポンサーリンク】