【ワンピース】飛燕曲(スワロー)バンドゥロルの強さ考察、ブルックの放つ凍てつく斬撃!

ブルックの使用した技のひとつ、飛燕曲バンドゥロル。

今回はこの技についてバトワンなりに考察し、理解を深めていきたいと思うよ!

ホールケーキアイランド編における影野主役になりつつあるブルックの一撃、シビれる!

【スポンサーリンク】

飛燕曲(スワロー)バンドゥロルの強さ考察、ブルックの放つ凍てつく斬撃!

ブルックが使用した飛燕曲バンドゥロルは以下のような感じ。

刺突を中心とした高速斬撃が得意なブルックとしては少し珍しい、縦の斬撃って感じだね!

黄泉の冷気をうまく活用して凍結の効果を発生させている点に意識を傾けたい!


ワンピース85巻より引用 飛燕曲バンドゥロルを放つブルック!

これまでもそうだったけど、新世界編に突入してからのブルックの放つ斬撃は凍結属性をうまく活用したものが多かったと思う。

スリラーバーク編では剣豪リューマにパワーやスピード、テクニックで劣っていたブルックだけど、ここにきて“自分の勝負できるポイント”を見つけた印象を受けるかも!

あの時はリューマにボロ負けだったブルックだけど、今のブルックが彼と戦ったらどうなるだろう?

“凍結の魔法剣士”といった感じのブルックだけど、今ならリューマに勝てるかな?

【スポンサーリンク】

飛燕とブルックについて!

さて、後半は技考察シリーズのサプライズ、関連考察コーナーに入っていこう!

テーマに触れる・触れないの微妙なラインに踏み込んで掘り下げてみる感じのアレだ!

前述の飛燕曲バンドゥロルもそうだし、以下の飛燕ボンナバンもそうだけど、ブルックの使用する技には“飛燕”がシンボル化している印象を受けるかも!


ワンピース52巻より引用 かつて使用されたスワローボンナバン!

飛燕ってフレーズはよく聞くけど、これ自体が何を意味するかがバトワン的にいまいちピンとこなかったため、今回はこのフレーズについて調べてみた。

すると、いくつかの結果が得られたので、この機会に発表しておきたいと思うよ!

飛燕が意味するコトとして確認できたのは、今のところ以下の2つ。

  • 素早く軽やかに(身を翻して)飛ぶツバメ
  • 第二次世界大戦における日本陸軍の戦闘機、三式戦闘機の愛称

ストレートに解釈するなら前者の意味合いが強くなってくると思うんだけど、バトワンとしては後者の意味合いに注目したいかもね!

飛燕が戦闘機の名前から引用されてきているのであれば、もしかしたらこれからのブルックの技名には“雷電・紫電・天雷”といった、他の戦闘機の愛称も採用されてくるかもしれないし!

このあたりはまだまだ根拠としても薄い予想にすぎないけど、一応頭のすみっこに置いておくと、イザというときに考察の反応速度が劇的にアップするかも!なんて思う!!

【スポンサーリンク】