【ワンピース】麒麟時雨(きりしぐれ)考察、前代未聞の降る斬撃!

カクの使用した嵐脚の発展系、麒麟時雨(きりしぐれ)。

今回はこの技についてバトワンなりに考察し、理解を深めていきたいと思う!

麒麟時雨はゾロとの闘いで使われたアレだけど、効果としてはかなり面白いと思う!!

【スポンサーリンク】

麒麟時雨(きりしぐれ)考察、前代未聞の降る斬撃!

使用された麒麟時雨はい可能な感じ。

鉄塊・無死角の状態からシャカシャカと手足を動かして、空中へと斬撃を飛ばすのがこの技の骨子だ!

この時点では“ギャグ技”っぽい感じがするものの…?


ワンピース43巻より引用 麒麟時雨はこの時点ではギャグ技っぽいけど?

ゾロのリアクションを見ても分かる通り、この時点の麒麟時雨はとても“戦う気がある”とは思えない感じのフザけた技だ。

しかしながら効果としてはシッカリと計算されていたみたいで、これに続く効果はゾロの予想のナナメ上をいっていたみたいだね!

まさか鉄塊・無死角のような弱そうな状態から、こんなに強力な技に発展していくとは、だれも想像が出来なかっただろう!

後半ではもっと具体的に麒麟時雨の本質について迫っていこう!

【スポンサーリンク】

麒麟時雨の殴りっぷり!

次に、使用された“麒麟時雨”を見ていこう!

以下のカットを見る限りでは、どっちかというと“飛ぶ斬撃”を受けているかのような感じだ。

しかし厳密には、この攻撃は空中から“降り注ぐ斬撃”みたいな感じ!


ワンピース43巻より引用 麒麟時雨を放つゾロ!

鉄塊・無死角の状態から放たれた麒麟時雨の攻撃力はなかなかのもの。

また、ふざけた導入モーションだったこともあって、ゾロの意表を付く効果も充分にあったみたいだ!

攻撃としても随分強力な感じだと思うし、そもそも発想が秀逸な攻撃…って感じだよね!!

これほどまでの攻撃を持つことが出来るなんて、さすがはCP9の実質No2!といったところだ!!

エニエスロビー編では多くの新技が登場したこともあって麒麟時雨のインパクトが薄れてしまっている…みたいなところはあるかもしれない。

しかしともあれ、この技に関しては他の技と比較しても“初見殺し”みたいなところがあると思うから、もしカクが再登場したとしたら、また使用される可能性は高いんじゃないかな!

あるいはこの2年の間に“麒麟時雨のパワーアップバージョン”とかを開発してたりしてね!

再登場に思考の基点を定めて考えていくと、麒麟時雨は“燃える要素”の多い技だったりするかもしれないね!

とにもかくにも、これまで登場したあらゆる斬撃の中でも異質な“降り注ぐ斬撃”に関しては、このまま忘れられてしまうのは惜しいような気がしてしまう!!

【スポンサーリンク】