【ワンピース】828話万国×差別×地獄のお茶会!ネタバレ確定予想&考察!

ワンピース827話で盛り上がってきている昨今だけど、いよいよ828話が楽しみになってきたことは否めないよね!

ビッグマムの夢とか地獄の御茶会とか、色んな意味で気になるフレーズが登場してきた。

そこで今回は、次回の828話について考察しながら進めていこうと思うぞ!

【スポンサーリンク】

828話万国×差別×地獄の御茶会!ネタバレ確定予想&考察!

827話ってここ最近のワンピースの中では“ちょっと特殊な回”だったと思うんだよね。

ここ最近のワンピースは特に、基本的に“サプライズ的なメインテーマ”が存在していて、それを補足したり装飾したりするかのように、その他の要素がつめ込まれてきていることが大半だったんだ。

でも、今回は少し違う構成を使っていた。

カフェ食い事件
ワンピース827話より引用 ルフィの食い逃げは日常茶飯事で、むしろ珍しくもない

最も重要と思われる“ビッグマムの夢”についてはぼんやりと語られ、チョコレートの町のカフェ食い事件に対しては大々的にっピックアップされた。

ルフィの食い逃げは日常茶飯事なわけで、いつも通りの見慣れた風景。

チョコレートの町で繰り広げられたルフィの冒険は、ルフィ達にとってとてもありきたりなそれだったんだ。

そういった意味では、今回の827話は“めずらしくマッタリした回”だったといえそうな気がする。

で、何が言いたいかというと、これは“嵐の前の静けさ”なんじゃないかと思うんだよね!

このようなマッタリした流れが来るのは、高く飛ぶために一旦しゃがむようなテクニックって印象を受けてしまう!

今回の827話で最も興味深かった“ビッグマムの夢”が、いかにエグ味のあるものかと警戒してしまう気がするね!

【スポンサーリンク】

地獄のお茶会とメルヘンな歌

チョコレートの町でプリンが出てきたことに関しては、一抹の不自然さを禁じ得なかったけど、それはこちらのページでまとめているので参考にしてもらいたいと思う。

で、あとは少し垣間見えてきたような気がするのは、ビッグマムの能力。

以前はタマゴ男爵の能力として“喋るキャンドルやドア”が生み出されているかもね?という話をしたんだけど、もしかしたらビッグマムの能力かもしれないって感じがしてきた。

825ドア
ワンピース825話より引用 喋るドアの能力は誰のもの?

歌いながら楽しそうに御茶会の準備をするビッグマム。

喋る船に留まらず、喋るドアとか喋る花まで登場し、いよいよ再び拡散と収束を繰り返すもろもろのキーワード。

これらがどう本篇に影響してくるかめちゃくちゃ楽しみだね!

なぜビッグマムが自ら準備しているのか?

四皇自らやる必要はないだろ…っと解釈する人もいると思うから、ここはバトワン的な解釈を一応述べておこうと思うよ!

きっと、ビッグマムは自分が準備しないと気がすまないほど“お茶会が大好き”に違いない!

白ひげが酒にこだわるように、ビッグマムは御茶会にこだわっているようなきがするんだよね。

ほら、やっぱりこだわりがあることに関しては、自分の手で細部まで徹底的にやりたいと思うのが人情だと思うんだよ。

コーヒーの煎れ方とか、部屋の片付け&レイアウトとかさ!

百獣のカイドウも人情味たっぷりの呑んだくれとして描かれて致し、尾田栄一郎先生はこれから四皇の人間性に触れていこうとしているのかもしれない!

さんざん“凶悪っぽさ”で煽ってきた流れもあるし、そんな前提の裏をどのような形で描いていくのか。

このあたりも注目ポイントなのは間違いないような気がするぞ!

【スポンサーリンク】