【ワンピース】832話反転×消滅×迷いの森の物語!ネタバレ確定予想&考察!

ルフィたちが迷い込んだビッグマムの“ふしぎの森”

ここでは奇妙な出来事が、当たり前のように起こるんだ。

これまでの敵とは決定的に違う相違点。

それがホールケーキアイランド周辺に、濃霧のように立ち込めていることは、疑いようのない事実だと思う!

【スポンサーリンク】

832話反転×消滅×迷いの森の物語!ネタバレ確定予想&考察!

かねてより、ホールケーキアイランドとスリラーバークには多くの共通点があることを指摘してきた。

ここまで来たら指摘も何も、意図的に似せてきているって段階に突入しているよね!

ホールケーキアイランドの“不思議の森”も、当然ながらスリラーバークの森と酷似している!

46スリラーバーク
ワンピース46巻より引用 スリラーバークの様子と、ホールケーキアイランドの迷いの森は瓜二つだ!

歌う木々にゴーストたち、ゾンビたちまで踊るんだ。

スリラーバークには少なくとも“ナイトメア・ビフォア・クリスマス”の要素が含まれていることは否めない!

有名だから知っている人が多いと思うけど、ナイトメア・ビフォア・クリスマスっていうのは以下のディズニー作品ね!

で、さらにはモリアの能力に触れていこう。

そうすると、どうやら“ピーターパン”の要素も盛り込まれていることがわかると思う。

48モリア
ワンピース48話より引用 モリアはカゲカゲの実の能力者で、影を切り取って奪うことが出来る!

ティンカーベルは出てこなかったけど、自分の影とはぐれてしまったピーターパンの様子と、モリアの能力は絡み合っているような気がするよね!

おそらくこの2点をミックスさせ、うまく取り入れながらスリラーバークの世界観は生みさだれたんじゃないかな?

そして、今回のホールケーキアイランドでは、ビッグマムにも“不思議の国のアリス(鏡の国のアリス)”のオマージュが取り入れられているのはご存知のとおりだ!

【スポンサーリンク】

反転した世界

今回の831話で注目したいのは、なんといっても左右が反転してしまった“反転ルフィ”だと思う。

“左右が反転したドッペルゲンガー”みたいな感じのルフィが登場したことで、物語は一層複雑味を増してきたんじゃないだろうか!

この“左右反転”に関しては、まさに鏡の国のアリスの要素がてんこ盛り。

この物語は“アリスが鏡を通り抜けて迷い込んだ異世界”を冒険する物語だ!

まだまだ不透明な部分は多いけど、バトワンとしては“ルフィたちは異世界に迷い込んだ”みたいな感じで物語を追っていければ面白いかな?と思ってたりする。

これならユメユメの実仮説も機能するし、ベッジもなんだかんだ“シロシロの実”の能力で異空間っぽいの生み出してたしね!

ドアドアの実でも一応、異世界との扉を開いてたし!

40ブルーノ
ワンピース40巻より引用 ブルーノの外見はこんな感じ、ドアドアの実の能力者だ!

このことを考えると、ワンピースの世界観には“異世界”とか“異次元”みたいな設定があると思えてくるんだよね。

本編で異世界・異次元といったフレーズを出したら混乱を招くから出さないとは思うんだけど、おそらく異世界は実在する!

とはいえ異世界・異空間みたいな場所と、現実を繋ぐことが出来る能力者は少ない。

今のところすでに登場している悪魔の実であれば、シロシロの実とドアドアの実くらいかな?

あとは以下の悪魔の実は判断が微妙なところ。

ブルック64
ワンピース64巻より引用 幽体離脱が出来るようになったっぽいブルック!

ヨミヨミの実ももしかしたら異空間と現実世界を繋ぐことが出来るかな?

能力者が死んだ時限定な気もするし、シロシロ&ドアドアと比較するとヨミヨミの実は少し弱い気もする!

このあたりはしっかりと目を光らせながら全体に目を通していきたい!

832話における目を疑う展開!

目を疑う展開ほど驚きのげ展開が続いた831話。

そして、832話に関しては、さらに核心に迫っていくことは確実だと思う。

反転ルフィと偽サンジ、そして埋まった巨人について、新しい真実が明かされるのが楽しみでウズウズする!

この地面に埋まったキモ巨人もまた、ビッグマムの娘or息子だったりしてね!

【スポンサーリンク】