【ワンピース】861話開演×女王の二択×強引なオファー!ネタバレ確定予想&考察!

今日は水曜日ってことで、ついに861話に繋がる情報がチラホラ出始めてきた感じだね!

1コマのちょい見せとか文字バレとかだけだとまだまだなんとも言えない部分が多いとは思うんだけど、次の861話もめっちゃ面白くなってきそうだ!

また、今回の展開ではホント女王の突きつける“強引なオファー”が目立った感じだね!!

【スポンサーリンク】

861話開演×女王の二択×強引なオファー!ネタバレ確定予想&考察!

これは以前から何度かしてきしてきたアレなんだけど、ビッグマムは相手に対して「勝手に作った二択の自分ルール」を突きつけるやり方を好む人物。

今回の内容では、そういったビッグマムの暗黒面が顕著に記されていた感じなんじゃないかな!

まず第一の“自分ルール”は以下のルーレットについてだね!


ワンピース830話より引用 数字にHITしたらそのぶんの仲間が道連れになってしまうんだそう!

ジンベエいわく、ルーレットに書かれている数字は“一緒に犠牲になる生贄の数”なんだという。

彼の人格を考えれば、自分の腕や足が引き合いに出されている“だけ”ならば、このルーレットを受けたかもしれない。

でも、仲間の命までもが勝手に賭けられているんならば話は別だよね!

マムの突き付けた1つめの強引なルールは、想像以上に理不尽だった!

結果的にジンベエは謀反をして反旗を翻したわけだから、この後の展開次第では、振り返った時この選択は「ルールの設定ミスだった」ってことになるかもしれないね!

【スポンサーリンク】

世界に突きつけた2択について!

で、次に触れてみたいのは、今回お茶会に参加した重鎮たちについてだ!

世界会議が近いこのタイミングで開かれたマムのお茶会。

少なくとも以下のメンバーたちは世界会議(レヴェリー)のほうに向かっているんだろうけど…?


ワンピース823話より引用 世界会議(レヴェリー)に向かう重鎮も結構いる!

ある者達は世界会議へと向かい、ある者達はお茶会へと参加する。

特にこの中には“世界経済新聞社社長”が含まれているのが面白いかもね!

  • 闇金王“福の神” ル・フェルド
  • 歓楽街の女王 ステューシー
  • 大手葬儀屋 ドラッグ・ピエトロ
  • 世界経済新聞社社長“ビッグ・ニュース” モルガンズ
  • 倉庫業老舗“隠匿師” ギバーソン
  • 海運王“深層海流” ウミット

海の戦士ソラ&ジェルマ66の闘いを描いてきた世界経済新聞。

その社長がなんとマム側のお茶会に参加するというのは面白いところ!

ってか、この世界経済新聞社ってそもそも民間の新聞社なのかな?

政府の息がかかっている新聞社なのか、民間の新聞社なのか…ってポイント次第では、結構な波乱が訪れるような気もするけど…?

あ、長くなっちゃったから続きは後半で!

【スポンサーリンク】