【ワンピース】867話「HAPPY BIRTHDAY」ネタバレ確定感想&考察!

今週も月曜日がやってきた!ってことでジャンプを買ってきたんだけど、今週のワンピースは本当スゴいことになってたね!

ビッグマムにもビッグマムなりに“今に至る重大な過去”があることは確実だったけど、これはかなり凄惨だったと思う!

彼女の振る舞いを見る限り「力を持たずして生まれてきたら幸せに暮らせたかもしれないのになぁ…」なんて感じざるを得ない!

【スポンサーリンク】

867話「HAPPY BIRTHDAY」ネタバレ確定感想&考察!

前回の866話では、基本的にエルバフの回想が主体となり、今回の867話にて本編に戻った。

宝珠アダムっぽいのとか描かれたんだけど、これについては回収されず終いだったね!

【ワンピース】宝樹アダムとエルバフ林業・略奪より交易の要素について!

で、今回のエピソードは以下のカット周辺のやり取りからスタート!


ワンピース867話巻より引用 滝ひげをぶん投げるリンリン!

巨人族の英雄・滝ひげをもぶん投げてしまうリンリン!

一本背負いのような感じでフルスイングしちゃってることもあり、相当に痛そうだこれは!

5才にしてこのパワーの持ち主…リンリンの才能(?)恐るべし!!

村の火災に関しては、カルメルがソルソルの実の技である“ゲブーア・ツターク”にて収拾を試みる!


ワンピース867話巻より引用 火災の収集を試みるカルメル!

上記のシーン周辺で、カルメルが“ソルソルの実の前任者であること”が確定したわけだね!

これに関しては以下の記事で触れたと通りだけど、この事実が本編に与えてくる影響は甚大なはずだ!

【ワンピース】カルメル丸呑み&ソルソル継承ルート考察、誘導されている方向について!

現在ビッグマムの体内に移行しているソルソルの能力。

これらの要素を一本の糸に繋ごうとすると、どうしても上記考察のルートが真っ先に脳裏を過ぎってしまうところだ!

【スポンサーリンク】

セムラと幸せなリンリン、崩壊した村!

村の炎に関しては、カルメルのゲブーアツタークによって意思を与えられた炎“パンドラ”をうまく制御してなんとか収束。

暴走するマムに関しては、冬至祭用のセムラを与えることで満足させ、スヤスヤと眠りに落ちてしまったようだ。

幸せな冬至祭に向けて祈りを捧げる断食の数日間、神聖な儀式は悪夢のような記憶にすげ替えられてい舞うことになったわけだね…!

特に山ひげにとっては無念だったことだろう!


ワンピース867話巻より引用 リンリンを始末しようとする山ひげと、守ろうとするカルメル!

しかしそれでも、カルメルはリンリンを庇い続けた。

ここに関しては賛否両論があったと思うけど、どうやら裏があったみたいだね。

【ワンピース】カルメルの正しさについて、1人を救い全体を危険に晒したことについて!

先週に上記のような記事を書いたんだけど、これにも“納得する理由”が用意されていた!

で、その“理由”の兼ね合いもあり、カルメルはリンリンを庇い続け、エルバフからも出ていく決断をしたんだ!


ワンピース867話巻より引用 エルバフから出ていく決断をしたカルメル!

いくら聖母でも、なんでもかんでも「許せばいい」ってモンじゃない。

しかし、カルメルの許しっぷりはそれこそ“度がすぎるほどの優しさ”って感じだったんだ。

うーん、このエピソードを“サンジ奪還編”に突っ込んでくる辺り、驚愕だね!

さて、次のページでは“カルメルの本性”について迫っていこう!

【スポンサーリンク】