【ワンピース】871話「がんばれシーザー」ネタバレ確定感想&考察!

ジャンプ本誌が読めるってことで興奮がエキサイティングな月曜日!

去年のこの時期は映画ゴールドの話題で持ちきりだったと思うけど、今年は圧倒的クオリティのワンピースマガジンの熱が燃え上がる感じになりそうだね!!

本編も本編でかなり一触即発だし、ワクワクの展開が止まらないね!うおぉ!!

【スポンサーリンク】

871話「がんばれシーザー」ネタバレ確定感想&考察!

そんなこんなで871話の考察&感想に入っていこうと思うよ!

何はともあれ、まずはシーザーに頑張ってもらわないと!という状況は今も変わらず。

まずは壁の向こう側へ退避することを第一目標としている感じだね!


ワンピース871話より引用 壁の向こう側へ退避することを第一目標としている感じだね!

実際には壁を越えても追撃の手は緩まないんだろうけど、ここは「壁を越えたら逃げられる!」と、自分を鼓舞している側面もあるのかも!

ジェルマの護衛は心強いけど、上記カットマム海賊団にはまだ若干の余裕が感じられる点も注目だね!(スムージーとか)

また、連携し奮闘するVS兄弟も良い感じだった!


ワンピース871話より引用 奮闘するVS兄弟も良い感じ!

涙目…というか号泣しながら頑張るシーザーと、それを援護してくれるイチジ・ニジ・ヨンジ。

イチジ・ニジ・ヨンジの実力はまだ全貌が明かされたわけじゃないと思うけど、それを考慮にいれてもこのシーンは見たかったシーンのひとつだね!

ともあれ、このカットはどちらかというとシーザーに感情移入して読んでしまったかも!なんかシンパシー!!

【スポンサーリンク】

CP0の諜報員・ステューシーの存在について!

以前、以下のような考察をしたんだけど、やはり今回の871話を語るにあたってステューシーの存在は外せないところ!

【ワンピース】CP0とステューシー、ルフェルド銃撃と世界政府の狙いなどについて!

ずっと注目はしていたつもりだったけど、その予想を遥かに上回ってきたね、彼女は!


ワンピース871話より引用 ステューシーはCP0の諜報員だった!

上記カットを見る限り、ステューシーは玉手箱を狙っていた様子。

しかし、彼女がマムのお茶会に怪しまれずに潜伏するためには、長年の下準備が必要だったはずだ。

対して、玉手箱がマムのところに渡ったのが判明したのはここ最近…。

彼女に関しては「まだ何かある」と思ってるから、ここはまた近々文章に起こしていきたいと思うよ!お楽しみに!

ちなみに、モルガンズについてもその背景がちょっとチラ見えしたので触れておきたいところ!


ワンピース871話より引用 モルガンズはステューシーから情報操作屋さんと呼ばれているみたい!

モルガンズはどうやらステューシーから「情報操作屋さん」と呼ばれているみたい。

新聞屋…ってことで、自由自在に情報を流すことが出来るからこそ、そういう悪い言い回しもあることだろう。

利害関係によって報道の仕方を変えるのは、新聞社なら可能だもんね!

ちなみに上記カットを見る限り、ステューシーがCP0であることをモルガンズは知っていたようにも見える点に注目!!

また、ステューシーはモルガンズに一定の圧力をかける力を持っており、モルガンズはそれに「中身をスクープさせろ!」と、交換条件を突き出すくらいの反発力は持っているようだ。

このことから、世界経済新聞社と世界政府の関係性が軽く見えてくる気がするかもね!!

どちらにしても、ステューシーはモルガンズを威圧・圧迫することは出来るものの、始末することは出来ない。

そしてそのことをモルガンズは知っている…といったところなんじゃないかな!

長くなっちゃったので続きは次のページで!

【スポンサーリンク】