【ワンピース】881話「波の部屋」ネタバレ確定感想&考察!

激化するルフィvsカタクリ!

881話の終盤では、激化するルフィvsカタクリが描かれることとなった。

鏡世界と通話していたルフィに追いついたカタクリの攻撃と、それを受ける時のルフィの振る舞いが印象的だったね!

【スポンサーリンク】

口を押さえたルフィの意味は!?

ナミたちとの通話中にカタクリに迫られたルフィ。

以降、ルフィはカタクリからの攻撃を、必死に“口を抑えながら”耐え抜いた!

一瞬色々なことが脳裏をよぎったんだけど、最もナチュラルなのは「サニー号メンバーに心配をかけないように」って感じだろう!

「ウッ!」とかそういう声が向こうに伝わらないようにしていた…ということなんだと解釈したい!


ワンピース881話より引用 口をふさいで立ち回るルフィ!

船長が劣勢であることを周りが知ったらどうなるか。

当然負けるつもりは無いけど、サニー号メンバーに無駄な心配をさせる必要もない。

おそらくはそういった気持ちが行動に表れたのが上下のカットだったんだと思う!


ワンピース881話より引用 ゴム人間だから口の抑え方が独特なところも!

特に上記のカットは、ゴム人間だからか口の抑え方に独特なところも確認できた。

袋を引き絞るように音をかき消そうとするルフィ。

このことはイコール、ルフィがカタクリの実力を認めていることにも繋がっていると感じるかな!

【スポンサーリンク】

苦手な嘘をつくルフィ!

ルフィは嘘をつくのが苦手だから、つい変な顔になってしまう。

以下のカットが今回のルフィの「配慮」を最大限に象徴した一コマだといえるだろう!

逆をいうと、これほどまでの行動を取らざるを得ないほど、今の状況はヤバいってことだね!


ワンピース881話より引用 ルフィは嘘をつくのが苦手だから、つい変な顔になってしまう!

上記のカットについては人それぞれ解釈が異なってくると思うけど、バトワンの主観としては「ルフィが強い危機感を感じている!」と感じる部分があったかも。

ルフィの立場に立って考えると、この振る舞いは「自分が負けたときのこと」が脳裏によぎっている時の行動のように思えるんだよね。

嘘をつくことによって、周りを安心させ&自分を鼓舞することが出来るのは確か。

しかしこのことは皮肉にも“自分を鼓舞する必要性に迫られている”事を示してしまっていると思うんだ。

それだけ現在の状況は切迫していて、ルフィにとって「どう打開すべきかわからない」って状況でもあるんだと思う!

で、未来視によってさらに圧力をかけられるルフィ!


ワンピース881話より引用 未来視によってさらに圧力をかけられるルフィ!

で、ラストは未来視によって発言を言い当てられてしまった感じ。

カタクリの未来視はここぞという時にはハズレまくってきたから読者としてはアレなんだけど、このやり取りによる心理的プレッシャーは凄いと思う!

「お前の考えていることは全てお見通しだ」と言わんばかりの心理的圧力。

カタクリ単体だけでもキツいのに、鏡世界にはブリュレや他の兵士たちもいる。

来週は休載ってことだけど、どのように現状を打開していくのか…少し開く時間を活かして最大限に考察を深めていければと思うよ!!

あぁ、今日は土曜日だし、何回も読み返そうっと!!

【スポンサーリンク】

▶ 前回はこちら 【ワンピース】880話「退路0」ネタバレ確定感想&考察!