【ワンピース】WCI編の二大テーマ「料理」と「家族」について今、思うこと!

WCI編の二大テーマである「料理」「家族」

当初から注目していたこのテーマに添って、WCI編は壮大な広がりを見せたと思う!

クライマックスも近付いてきたことだし、全体を俯瞰して今思うことを、個人的にこのぺージに記しておきたい!

【スポンサーリンク】

WCI編の二大テーマ「料理」と「家族」について今、思うこと!

今回のWCI編はサンジが超重要人物として活躍したシナリオなだけに、彼のバックボーンが強く掘り下げられる良い機会になったと思う。

特に、海上レストラン・バラティエの流れを汲んだエピソードは非常に印象に強く、多くの読者の心を揺さぶったんじゃないかな!

以下のカットでもそうだけど、WCI編のシナリオに「料理」というテーマが用意されていたことは間違いない!


ワンピース889話より引用 当然ながら今回のシナリオには「料理」というテーマが深く関わっている!

ルフィとサンジを繋ぐ絆のようなものが、上記のカットでは描かれた感じだよね!

この時はグチャグチャになった弁当を美味しそうに食べるルフィの姿に、心底グッときてしまった!

彼らにとっての料理とは喜びであり、繋がりであり、幸せそのもの…といった雰囲気!

対して、ビッグマム周りにおける「料理」というテーマには、個人的に印象を受けてたりするかも!

  • マザー・カルメルごちそうさま事件
  • 食いわずらい&ウェディングケーキ食べるシナリオ

後者のシナリオはまだこれからだけど、こうやって見るとビッグマムにとっての料理とは自己満であり、独占であり、強欲そのもの…といった印象を受ける。

同じ「料理」という2文字でも、人によって解釈が違ってくるように見えるのが面白い点なんじゃないかな!

【スポンサーリンク】

家族というテーマについて今、思うこと!

WCい編におけるもうひとつのテーマ、家族。

これに関しても、色々と考えさせられる部分があるよね。

特に以下、サンジの「決別のシーン」とかは、胸を揺さぶるものがあった!

これまでの展開が展開だったから流石にこの場面ではもう悲壮感とかも少なかったけど、強い意思を感じるワンシーンだったと思う!


ワンピース870話より引用 サンジはジャッジにケリを付けることに成功した!

これもね、今思えば色々なことが脳裏をよぎる場面。

本当の父親であるジャッジを切り捨てる気持ちと、ゼフを慕う気持ち。

優しすぎるサンジは上記場面でも胸を痛めていたようなが気がするところだ。

また、サニー号の面々との絆・繋がりを「本当の家族」みたいに受け止めている部分もあると思う!

対してビッグマム陣営の家族の絆は、また違った角度から描かれていて興味深いところ。

ママという絶対君主の元に、恐怖で縛られる子どもたち。

この辺りの関係に関しても、ある意味ヴィンスモーク家とは別の形で「歪んだ家族」ってイメージが強いかな?

育児放棄に近い形だったジャッジと、家族に対し支配的なビッグマム。

そして彼らに巻き込まれる子供たちと子供たち。

ビッグマム編もクライマックスに近づいてきた今、この2大テーマに焦点を置きつつ、再びWCI編を最初から読み返してみるのも面白いかもしれないね!

意外なところに込められた、尾田先生の工夫を見つけることが出来るかもしれない!!

【スポンサーリンク】