【ワールドトリガー】136話「ガロプラ 13」確定ネタバレ&感想!

前回のエピソードではついに玉狛第二にヒュースが入るか!といったところで締めくくられました。

ついに今回は玉狛第二とヒュースのやり取りが見られる!と思っていたところ、実際にはお預けとなった模様。

葦原先生、焦らしてきますねー。

【スポンサーリンク】

136話「ガロプラ 13」確定ネタバレ&感想!

敵性ネイバー撤退が確定した136話。

まずはホッと一息・・・といったところでしょうか。

ワートリ136
ワールドトリガー136話より引用 敵性ネイバーは撤退した模様。

ガロプラとの戦いも一区切り、といったところですね。

上記のカットを境に、一旦まったりとした空気が流れます。

ネイバーのトリガーを使って遊ぶボーダー隊員たち。

こういったところを見ると、やっぱ子供なんだな〜、と思いますね。

136米屋
ワールドトリガー136話より引用 槍と敵のトリガーで遊ぶ隊員たち

ってか米屋・・・槍の使い方間違えてる!

こういう遊びには結構ノってくれるんですね〜、米屋。さすが!

また、あのクールビューティな印象の強い加古さんですら、興味津々で遊びたがっていたのが印象的。

加古136
ワールドトリガー136話より引用 敵のトリガーで遊びたがる加古さん。可愛い。

上記のカット、意外にギャップ萌えした方多いんじゃないかなぁ。

しかも三輪に遊んでもらおうとしてるし。

ネイバーのトリガーを使用して三輪が遊びたがるとは思えないわけだけど、無邪気な感じが良いですね!

【スポンサーリンク】

ガロプラ一同

いっぽうガロプラ一同は撤退しながら船の中で色々と分析中。

処刑者(パシリッサ)が折られた理由や、次の任務をどうするか?など、問題は山積みのようです。

また、処刑者(パシリッサ)の損傷は、は太刀川が斬り付けた場所に正確に小南が二発目を叩き込んだことが直接の原因である模様。

さすが小南・・・太刀川もすごいけど、やはり小南もかなりの使い手ですね!

あんなに騙されやすい正確しているのに、戦闘の腕前は一級品!

B級ランク戦5日目、夜の部スタート!

そんなゴタゴタも束の間、ついにB級ランク戦5日目、夜の部がスタートします。

ランク136
ワールドトリガー136話より引用 B級ランク戦5日目、夜の部スタート!解説は出水と時枝。

解説は名シューターの出水と、嵐山隊の時枝ですね。

今回の試合は三つ巴っぽい感じ。

  • 玉狛第二(ヒュース入ったか気になる)
  • 香取隊(三雲隊と入れ替わりで中位に落ちた)
  • 柿崎隊(格上相手には必要以上に慎重になる)

さらに今回の136話では時枝から意味深な言葉が!

「その点(玉狛第二)に関しては今回 面白いものが見れると思いますよ」

うーん、これは一体どういうことなのか?

ヒュース加入か?通常通り三雲が戦い、木虎に教わった“ワイヤー”を使用するのか?

次回に繋がる色々と興味深い引きで136話は幕を降ろしました。

137話の展開が楽しみですね!

【スポンサーリンク】