【三国無双】凌統公績(りょうとうこうせき)の強さと人物像考察![OROCHI]

あぁ、孫策もいいんだけど淩統もいいね!

孫策のトンファーも魅力的なんだけど、淩統のヌンチャクは使っていて爽快だ!

今回はそんな凌統公績(りょうとうこうせき)について考察していきたい!

【スポンサーリンク】

凌統公績(りょうとうこうせき)の強さと人物像考察!

無双シリーズに登場する淩統は以下の様な感じ。

クールでクレバーな眼差しがナイスなイケメン武将だ!

また、彼の使用武器であるヌンチャクの攻撃速度はかなり爽快で、使っていて楽しい!

%e6%b7%a9%e7%b5%b1
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 曹丕の外見はこんな感じ!

淩統は若干タレ目な感じとかも人気要素のひとつのようだ。

まったく、KOEIのキャラクターデザインはいつもながら秀逸だ!

ちなみに彼の父親である凌操も孫呉に仕えており、わけあって甘寧に殺されてしまっている。

これが原因となって、甘寧との間には並々ならぬ因縁があるみたいだ。

これは演義でもそうだったけど、三國無双でもちゃんと反映されている!

ムービーを見ているだけでも結構面白いので、無双シリーズで淩統を使ったことがない人は、ぜひ使用してみてほしい!

【スポンサーリンク】

三国志における淩統

淩統に関しては、父親凌操の死にまつわる“甘寧との因縁”が最も興味深いところだろう。

当時の時代背景がどうだったかは今となっては想像つかないけど、現代の価値観から見ても“父親を殺した相手”と同じ組織内で仲良くするなんて普通の神経じゃ出来ない。

で、甘寧といえばわりと横暴な印象のある武将だよね。

きっと淩統は甘寧とすれ違う度に胸を痛めていたに違いない。

父親のことを思い出し、殴りかかりたくなってしまうことも何度もあったんじゃないかな?

でも、孫呉においては甘寧も淩統も互いに“重要な武将”なわけで、数少ない優秀な人材のひとりだったんだと思う。

そして、淩統は“私怨”よりも“孫呉への忠誠”を選んだんだろう。

だからこそ甘寧に対する恨みを抑え、一武将に徹することが出来たに違いない!

以降、合肥の戦いでは主君孫権を守るべく300の手勢で敵中に飛び込み攪乱作戦を敢行し、全身に傷を負いながらも川を泳いで帰還。

この時に部下が全滅したことを嘆いていたとのことから、部下思いの人望の厚い武将だったのかな?なんて思ってしまう!

この時淩統は孫権から「あなただけでも生き延びてくれていて嬉しい」という言葉をかけられたとされており、淩統がいかに大切に扱われていたのかがわかる。

29才の時点で他界してしまったとのことだけど、もし彼が生きていたら歴史は少し変わっただろうか?

孫呉の武将は早死してしまう印象があるからこそ、そんなことをふと思ってしまう。

【スポンサーリンク】