【三国無双】周泰幼平(しゅうたいようへい)の強さと人物像考察![OROCHI]

無双シリーズの周泰といえばやっぱ“高速剣技”だよね!

ヒット数がめっちゃ多く、使ってて楽しいからわりと使用してたかも。

今回はそんな周泰について考察していきたい!

【スポンサーリンク】

周泰幼平(しゅうたいようへい)の強さと人物像考察!

無双OROCHIにおける周泰は以下のような感じ。

孫呉の武将の中で最も無口で、喋ってるところをあんま見た覚えがない!

喋っているというよりは、むしろボソボソつぶやいてる印象のほうが強いかもね!

%e5%91%a8%e6%b3%b0
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 周泰幼平(しゅうたいようへい)の外見はこんな感じ!

無双OROCHIにおける周泰のステータスは平均的で、結構使いやすい方にカウントできると思う。

三國無双からのキャラなんだけど、どっちかというとサムライって感じの印象かもしれないね!

居合い抜きを使用した抜刀術による高速剣技が魅力であり、無双乱舞も目にも留まらぬ斬撃で敵を翻弄する!

サムライ系のキャラが好きな人は一度は使ったほうが良いキャラかもしれないね!

なんとなくだけどヴァルキリープロファイルの洵を思い出してしまう!

神宮竜剣技・千光刃!的な感じでね!

【スポンサーリンク】

三国志における周泰!

三國無双では地味な周泰だけど、三国志内では伝説的な活躍を見せている!

孫権が三越の反乱軍に強襲された際も身を挺して主君を守り抜き、その際には全身に12ヶ所もの傷を負っていたとのこと。

この時の孫権サイドは非常に守兵が少なく、守り切るのが相当に難しい状況だったからこそ、この立ち回りは今でも伝説として借り継がれているようだ。

普通に考えて全身に12箇所も傷を負いながら主君を守りぬくなんて、並の精神力ではキツいと思う。

仮に“火事場の馬鹿力的なアレ”が働いていたとしても、この時の周泰は神がかっていたんじゃないかな!

この時“孫権を守るために負った傷”は、後々大きな役割を持ち、それまで周りに認めれ等ていなかった周泰に対して向けられる見解を変えさせる動かぬ証拠となったとされる。

当然ながらこの時のエピソードについて孫権はいたく感動しており、涙ながらに部下に語ってみせたのだそう。

絶望的な状況下で駆けつけてくれた周泰の姿は、当時の孫権にとってはまさにヒーローのように見えたに違いない!

周泰は孫策の時代から孫呉に仕える忠臣であり、まさに孫呉の守護神と呼ぶに相応しい名将といえるだろう!

無双シリーズでは無口で目立たない周泰だけど、実はすごい武将だったってことがよくわかるエピソードだ!

【スポンサーリンク】