【三国無双】夏侯淵(かこうえん)の強さと人物像考察![OROCHI]

無双シリーズの中でもかなり異色を放つお調子者、夏侯淵妙才(かこうえんみょうさい)。

バトワンが無双シリーズにドハマりして遊んでいた頃は、同時に蒼天航路も読んでいたから、当時はそのキャラクター性に納得がいかなかったものだ。

でも、今はようやく作品と作品を切り離して見られるようになってきたので、わりと好きなキャラに分類されるかも!

【スポンサーリンク】

夏侯淵(かこうえん)の強さと人物像考察!

無双オロチにおける夏侯淵は以下の様な感じ。

なんとなく“陽気なおっちゃん”って感じの印象を受けるよね。

現代にいたら近所の子供達を集めて、セミの捕まえ方とか教えてくれそうな感じ!

つまり、KOEIの夏侯淵からは良い人オーラが出てるってこと!

夏侯淵
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 夏侯淵(かこうえん)の外見はこんな感じ!

無双シリーズでの夏侯淵は“鉄の金棒”のようなものを使用して闘うのが主なスタイル。

片手持ちだからわりと攻撃モーションに隙が少ないのが印象的だった!

とはいえバトワン的に夏侯淵は“弓の名手”ってイメージが強かったから、無双シリーズではもうちょっと弓を使って戦ってほしかったなー、なんて思ってたりもする!

同じように思っている三国志ファンは多いんじゃないかな?

【スポンサーリンク】

三国志での夏侯淵!

三国志での夏侯淵は、夏侯惇の弟でありながら早々の側近のひとりとして活躍した。

夏侯淵って戦績を見ていけば結構な猛将って感じなんだよね。

袁紹との“官渡の戦い”のときは、督軍校尉を代行して奮闘したし、馬超と戦った“潼関の戦い”では、討伐に成功して楊秋を下した戦績も持っている。

最終的には有名な“定軍山の戦い”では黄忠と交戦して敗北・戦死してしまうことになってしまったんだけど、この辺りは結構伝説的な戦いで、印象に強い名シーンとして描かれることが多いと思う!

三国志初心者の頃は“赤壁の戦い”とか“長坂の戦い”とかが一番好きだっただけど、慣れてくると少しづつマニアックになってくるしね!

三国志は“歴史物語”的な側面もあるし、色々理解していくと“スポットライトが当たりにくい場所における歴史の輝き”みたいなものが見えてくるから奥深いところがあると思う!

また、他の考察でも触れたけど、バトワンはそもそも“弓使い”を好きになることが多くて、三国志の武将の中では夏侯淵と黄忠はちょっと特別な存在なんだ。

だからこそこの2人が交戦した定軍山の戦いは印象に残っているし、今も大好きな三国志イベントのうちのひとつにカウントされているんだと思う!

【スポンサーリンク】