【三国無双】太史慈子義(たいしじしぎ)の強さと人物像考察![OROCHI]

呉の猛将で有名な太史慈子義(たいしじしぎ)。

今回は彼について考察し、理解を深めていきたい!

小覇王とまで呼ばれた孫策と一騎打ちをした彼の実力は、三国志ワールドのなかでもトップクラスのはずだ!

【スポンサーリンク】

太史慈子義(たいしじしぎ)の強さと人物像考察!

KOEI無双シリーズの太史慈の外見はこんな感じ!

実際に使ってみると足が結構遅くて使いにくかった印象を受ける!

とはいえ無双乱舞は結構火力が高いから、一撃必殺を狙いたいタイプの人にはオススメかも!

%e5%a4%aa%e5%8f%b2%e6%85%88
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 太史慈子義(たいしじしぎ)の外見はこんな感じ!

太史慈の武器は双鞭と呼ばれる鉄の棒二刀流。

こういう金棒みたいな武器を使用する武将は結構多いんだけど、二刀流で使用するのは太史慈だけだね!

ちなみに三國無双オンラインでも双鞭の火力は健在で、無双ぶっぱが好きな人とかには気に入られているみたいだ!

無双OROCHIでは呂蒙とともに行動する流れになっていたみたい。

オロチシリーズは原作とはかなりかけ離れているけど、これはこれで切り離して考えると面白いよね!

当然ながら太史慈の活躍も見逃せない!

【スポンサーリンク】

三国志での太史慈

無双シリーズは本当にキャラが濃い人物ばっかりだから、太史慈の存在は薄れがち。

しかし、彼の実力はあの孫策に迫るほどの武勇を誇っていたようだ。

孔融とか劉繇とか、ずっと上司に恵まれなかった印象があったけど、孫家に使えるようになって存分に武勇を発揮できるようになってよかったね!

ちなみに三国志演義では“双戟”を使用して立ちまわっている。

レッドクリフの題材になった“赤壁の戦い”でもその武勇は発揮され、大いに活躍したようだ。

また、翌年には“合肥の戦い”にて、あの張遼と戦っている!

張遼との戦いで敗北してしまい、そのまま戦死してしまったみたいだけど、相手が超量だったら仕方ないと納得せざるを得ないよね。

曹魏における“武の化身”みたいなのが張遼なわけで、合肥の戦いの時点では、すでに過去の呂布を髣髴とさせる武力を誇っていたと推察される。

そんな張遼を相手に他立ち回り、決死の戦いを繰り広げた太史慈。

孫呉の武将の中でも孫策との一騎打ちとかは伝説になっていたと思うし、彼を失ってしまたたことは呉にとってひとつの精神的支柱を失ってしまうことになってしまったかもしれない。

彼も“もし生き延びていたら…”と想像せざるにはいられない、優秀な武将であったといえるだろう。

【スポンサーリンク】