【三国無双】甘寧興覇(かんねいこうは)の強さと人物像考察![OROCHI]

“鈴の甘寧”で有名な甘寧興覇(かんねいこうは)。

今回はそんな彼について考察し、理解を深めていきたい!

ちなみに無双シリーズではめちゃくちゃ格好良くて、呉のキャラの中でもダントツの人気を誇っているんじゃないかな!

【スポンサーリンク】

甘寧興覇(かんねいこうは)の強さと人物像考察!

甘寧の外見は以下の様な感じ。

完全にどヤンキーで、そのままROOKIESに出れそうな勢いだ!

昔の無双シリーズのデザインとは少し変わってしまったけどこれはこれで格好いいね!

%e7%94%98%e5%af%a7
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 甘寧興覇(かんねいこうは)の外見はこんな感じ!

同じクラスとか職場にこういう人いたらカツアゲされそうで距離を置きたいけど、遠くから見ている分にはいい感じ!

攻撃力もかなり高く、扱っていて爽快なキャラクターだといえる!

ちなみに昔は“細い麒麟牙”みたいな刀型の武器を使っていたんだけど、モデルチェンジして鎖鎌みたいなのを使用するようになった。

これはこれで迫力があっていい感じだよね!

合肥の戦いでは張遼とのちょっとしたやり取りもあったりして、このあたりのドラマにも意識を傾けてみるとより一層甘寧を好きになれると思う!

【スポンサーリンク】

三国志における甘寧

色々なところで無法者として描かれている甘寧だけど、まぁ無法者だ。

若い頃から不良の若者を集めて武装させ、彼らの頭領となり威勢を張っていた。

現代でいうのならば、ヤンキーのボスといったところだろうか!

羽飾りを好んだり、腰に鈴をつけていたりと、ファッションにもうるさい感じがあって、当時の武将としてはわりと異色な人物かもしれないね!

歴史によると劉表に身を寄せていた時期があり、この時に後に同胞となる淩統の父・凌操を討ち取るという手柄をあげてみせる。

後にこの出来事が因縁となってしまったわけだけど、これはこれで淩統との間にドラマを生みだす種となったことも合わせて心得ておきたいところだ!

そして、孫権に降ってからは天下に覇を唱えるという“天下二分の計”ともいえる戦略を提言するという驚きの記録も残っている!

彼の生い立ちとかを考えるとそこまで学があったようには見えないけど、彼なりの直感的なものがあったのかもしれないね!

この計画に関しては孫呉の忠臣・張韶に反対されているけど、堂々と反論してみせたようだ。

知識がなくても自信満々なところを見ると、やっぱり相当ぶっ飛んだ人物だったことは間違い無さそうだね!

元ヤンってこともあって、ある意味くぐってきた修羅場は誰よりも多いのかも。

だからこそ見える勝負勘みたいなものが甘寧には備わっていたのかもしれない!

ちなみに孫権は「曹操には張遼がいるが、私には甘寧がいる。」と、甘寧を褒め称えたというのは有名な話だ!

【スポンサーリンク】