【三国無双】諸葛亮(しょかつりょう)の強さと人物像考察![OROCHI]

食の軍師といえば諸葛亮!って感じだよね!

そこで今回は諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)について考察しつつ、理解を深めていきたい。

KOEI無双シリーズでは人気が低いようではあるんだけど…?

【スポンサーリンク】

諸葛亮(しょかつりょう)の強さと人物像考察!

KOEI無双シリーズにおける諸葛亮の外見は以下の様な感じ。

いい加減シブい感じが出ているけど、結構若めの印象かな?

優しそうな雰囲気をしているのに目つきは鋭く、色々な意味でいい感じのデザインに仕上がっている!

%e5%85%ac%e6%98%8e
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 諸葛亮(しょかつりょう)の外見はこんな感じ!

諸葛亮といえば“羽扇”をつかって戦うのがユニークだよね。

オフライン版での諸葛亮はリーチも少ないし使い勝手が悪かったわけだけど、実は無双オンラインでは猛威を振るっていたんだ。

オンライン版をやったことがある人って全体に比べて少ないだろうから、知らない人も多いんじゃないかな?

オンライン版の羽扇は“風玉”を使った状態異常攻撃と、高威力の無双乱舞が強烈で、けっこう最強クラスの武器だったように思える!

ヒット&アウェイに適していて、敵に羽扇がいるだけで無双がクソゲーになってしまったのが懐かしいところだ!

【スポンサーリンク】

三国志での諸葛亮!

三国志での諸葛亮はまさに“賢者”といった感じで、色々な逸話があるよね。

元々は劉備に付き従うつもりはなく、晴耕雨読の日々を営んでいた…とか、三顧の礼で迎え入れられた…とか。

また、赤壁の戦いで“東南の風”を吹かせるとハッタリをかましてみせたりとかね。

知識・判断力・機知どれをとっても一級品で、彼のインテリジェンスは最後の最後まで他国に抗う原動力となったと思う。

“死せる孔明生ける仲達を走らす”という名言にもあるように、自分の死すらも策略に変えてしまう当たり、当時の軍師の中では圧倒的に軍を抜いていたんじゃないかな!

元々は田舎で静かに暮らしていたはずの諸葛亮が劉備に心動かされ、乱世を共に戦い抜く仲間となった。

結果“天下三分の計”は成就し、劉備は蜀の王として君臨することが出来た。

逆をいうと、諸葛亮がいなかったら…あるいは諸葛亮を口説き落とせなかったら、劉備はどこぞの侠客として、小さく収まっていたのかもしれない。

そんな劉備の器を最大限にまで広げた男こそが諸葛亮孔明ってことだね!かっこいいじゃないか!

劉備三兄弟に諸葛亮が加わり、趙雲が加わり、馬超が加わり…。

上記のキーパーソン以外にも、多くの仲間が集って来て、いつの間にか劉備一行も大所帯へと成長していった。

これらは全て、劉備の頭脳として活躍した諸葛亮孔明がいなかったら成し得なかったことなのかもしれない!

【スポンサーリンク】