【三国無双】賈詡(かく)の強さと人物像考察![OROCHI]

郭嘉と並ぶ魏の名軍師、賈詡文和(ぶんか)。

伝説の軍師“張良・陳平のような智謀の持ち主”とまで言われるほどの彼の才能は計り知れない!

今回はそんな賈詡について考察し、理解を深めていきたいところだ!

【スポンサーリンク】

賈詡(かく)の強さと人物像考察!

無双シリーズの賈詡は以下の様な感じ。

バトワンはオロチ2で賈詡を使ってみた経験が少ないんだけど、彼は鎌のようなものを使って戦闘するスタイルだ!

いかにも“異国の策士”といった感じのターバンも彼の魅力のひとつになっている!

賈ク
無双OROCHIコンプリートガイド(上)より引用 賈詡(かく)の外見はこんな感じ!

蒼天航路のイメージがあったから“賈詡=自惚れ癖の持ち主”って感覚が拭い切れないんだけど、無双シリーズの賈詡はクールで格好いいね!

KOEIの無双シリーズは結構キャラクターが増えまくってきているから「そろそろネタなくなってくるんじゃ?」なんて思う部分もあるけど、それでも良く描き分けていると思う!

無双シリーズの総本山であり、三國志シリーズも手がけているKOEIだからこそ出来る、豊かなバリエーションが感動だね!

賈詡に関しては無双乱舞にも“分身”のようそが含まれており、チャイニーズニンジャって感じでなかなかイカス!

【スポンサーリンク】

三国志での賈詡!

三国志での賈詡の魅力といえば、やはりなんといっても“宛城の戦い”だろう!

あの戦巧者で有名な曹操孟徳を相手に圧倒的な策略をクリティカルヒット!

賈詡の策略がなかったらあそこまで曹操を追い詰められなかったし、賈詡がいたからこそ伝説に残る戦いとなったと思う。

また、胡車児をうまく動かして典韋を討つ…というのもおそらくは賈詡の狙いだったと思うんだけど、これも後の歴史を少しズラした出来事になっただろうね!

賈詡がいなかったら典韋はこの後も戦場で暴れまわっていたことだろう!

最終的に賈詡は曹操に帰順して、曹操軍の軍師として活躍することになった。

そう考えると、曹操軍は“典韋が暴れまわる未来”と引き換えに“賈詡が策謀を巡らす未来”を手にしたということが出来るかもしれない!

運命の歯車は常に奇妙なタイミングで回ってしまうわけだけど、もし宛城の戦いで何かひとつでも違っていれば、賈詡と典韋がタッグを組んで戦場で暴れていることもあったんだろうか。

パラレルワールド的なアレになってきてしまうけど、歴史のもつれを色々な方角から観察してみるのはとてもおもしろいこと。

そういった意味では、賈詡と典韋は良い考察テーマとして考えることが出来るかもしれない!

【スポンサーリンク】