【三国無双】趙雲(ちょううん)の強さと人物像考察![OROCHI]

三國無双の主人公格を務める趙雲子龍(ちょううんしりゅう)。

三国志物語の中でも見せ場がたっぷりだし、彼が嫌いな人はいないんじゃないかな?

今回はそんな趙雲について考察し、理解を深めていきたい!

【スポンサーリンク】

趙雲(ちょううん)の強さと人物像考察!

無双シリーズにおける趙雲の外見は以下の様な感じ!

長い槍を用いた範囲攻撃が特徴であり、無双乱舞もいい感じで使いやすい!

無双シリーズではストーリーを進めていくと三国志最強の男・呂布が使えるようになるわけだけど、趙雲はまさに“小型の呂布”といった感じだ!

%e8%b6%99%e9%9b%b2
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 趙雲(ちょううん)の外見はこんな感じ!

無双シリーズではかなり落ち着いて穏やかな好青年…といった感じで描かれている。

また服装に関しても、蜀のキャラのなかではめずらしい“青+白”のイメージカラーで表現されており、主人公格として差別化されていることがよくわかるね!

実力・ルックス共にかなりの人気を誇り、シリーズ屈指の人気キャラクターへと成長した!

最初から使えるからイマイチ弱いような印象を受けてしまう人もいるかもしれないけど、色々なキャラを使った後、最後に趙雲に戻ってくる人がいるくらい、ステータスのバランスも良い!

三國無双といえば趙雲子龍!というくらい毎回のオープニングムービーでも使用されているし、その人気はもはや不動だろう!

【スポンサーリンク】

三国志での趙雲!

三国志での趙雲は、劉備の蜀メンバーの中でもかなり長期に渡って国を支えた名将だ。

その中でも彼の最大の見せ場は“長坂の戦い”だろう!

長坂の戦いでは、劉備が曹操の大軍に追われて闘争した際に、たった1人で息子の阿斗(劉禅)を抱えて単騎駆けを行った…という伝説を残している!

曹操の荒ぶる軍隊を前にして、たった1騎で駆け抜ける事ができるなんて、相当の馬術と胆力がないと出来ない荒業だろう!

蜀のメンバーには本当に色々なエピソードがあるけど、その中でもこのシーンはダントツにかっこいい名場面のひとつだと思う!

定軍山の戦い、漢中攻防戦でも!

定軍山の戦いでは黄忠を救出し、見事な“空城の計”を演じてみせたり、演義では一騎で曹操軍の進軍を止めりと、まさにその立ち回りは獅子奮迅。

漢中攻めの際の働きから、劉備から「子龍は一身これ胆なり」と賞賛されたという逸話もあるくらいだ!

趙雲のあるところに敗北なし、とでも思わせてくれるような神がかった戦歴がかっこいい!

これだけの働きをしていれば、関羽・張飛・馬超・黄忠と並ぶ五虎将軍に任命されるのも納得できるところだろう!

【スポンサーリンク】