【三国無双】陸遜(りくそん)の強さと人物像考察![OROCHI]

今回は無双シリーズの中でも人気のキャラクター、陸遜伯言(りくそんはくげん)について考察していきたい!

彼に関してはそのビジュアルがかなりの人気を呼び、今なお根強いファンを多く持っているキャラクターだ!

無双シリーズを中心にしながら、彼の強みや人物像を考えていく!

【スポンサーリンク】

陸遜(りくそん)の強さと人物像考察!

陸遜の外見は以下のような感じ。

髪型が独特で、前からみたらセミロングくらいなんだけど、後ろの方は三つ編みにしてるっぽい!

普通の人がやったらコスプレ的なあれかな?なんて思われてしまいそうだけど、陸遜だから似合っている!

陸遜
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 周瑜の外見はこんな感じ!

無双シリーズにおける陸遜は、二刀流の剣を用いて戦うスタイル。

素早い動きもその特徴のひとつであり、わりと扱いやすいキャラなんじゃないかな?

とはいってもバトワンは“長柄物を使うキャラ”“全包囲攻撃を持ってるキャラ”を使うことが多かったから、陸遜の使用経験は少ないんだけどね!

やっぱどうしても彼を使用していると攻撃範囲の狭さが気になってしまうところなんだよなぁ。

陸遜の武器は無双オンラインとかだったら割りと使いみちもあるんだけど、普通の無双シリーズだと残念ながらあんま使えなかった印象のほうが強いかも。

【スポンサーリンク】

三国志における陸遜について!

前回はバトワンが周瑜のことを“チャッカマン1号”と呼んでいることを明かした。

で、陸遜はバトワン的には“チャッカマン2号”って感じだ!

事あるごとに放火する呉の武将たちの中でも、トップクラスの火計の使い手…ってイメージが、勝手についてしまっている!

陸遜といえばやっぱり“夷陵の戦い”を抜きにしては語れないだろう!

夷陵の戦い!

夷陵の戦いは、劉備の心を攻める戦いでもあったと思う。

というのも、関羽を殺された怒りにまかせて突っ込んでいき、落とし前をつけに行ったような印象があるからだ!

ここで劉備には深追いしない選択もあったはずだけど、それを選ぶことが出来なかったみたいだね。

そして、陸遜はそんな劉備をうまく引き込み、その弱点を看破することに成功した。

劉備の陣営が火計に弱いと判断した陸遜は、夜半に水上を急行して総攻撃を開始・一斉に敵陣に火計を仕掛け40以上の陣営を陥落させるという圧倒的戦果をあげてみせる。

周瑜の火計が成功しただけだったらそうでもなかったんだろうけど、陸遜の火計も大成功したこともあって、呉が“火計のプロフェッショナル”って感じの印象が固まったんじゃないかな!

この時は劉備軍の弱点がたまたま火計だったのを見抜いただけだとは思うんだけど、結果的にそれが呉の“炎のイメージ”を高めることに繋がったともいえそうだ!

【スポンサーリンク】