【三国無双】龐徳(ほうとく)の強さと人物像考察![OROCHI]

今回は龐徳(ほうとく)について考察していきたい!

バトワンは三国志ファン歴は長いんだけど、意外に龐徳のことはあまり知らなかった。

だから今回色々と調べてみたんだけど、こういったスタイルでの考察もやってて結構面白いね!

【スポンサーリンク】

龐徳(ほうとく)の強さと人物像考察!

無双シリーズの龐徳は以下の様な感じ。

“鬼に金棒”っていうけど、まさに金棒を振り回して戦う武人って感じだ!

魏の五将軍にはカウントされていないけど、彼の実力が折り紙つきなのは、作品をプレイしてみればわかることだろう!

龐徳
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 龐徳(ほうとく)の外見はこんな感じ!

元々は西陵の武人であり、馬超と共に戦っていたことでも知られている。

シリーズにもよるんだけど、龐徳が敵として登場した時なぜか異常に強いことがあるから注意だ!

ちなみにOROCHI2では馬超達を助ける為に馬岱と共に立ちまわったりと、なかなかに渾身的な活躍を見せた。

KOEIの無双シリーズはもともとは三国志のキャラクターから生まれているけど、彼らの間に色々と関係が生まれ、徐々に別の舞台を主体としたゲームとして生まれ変われつつあるね!

三国志の原作ファンは違和感を感じることもあるかもしれないけど、切り分けて考えれば新たなる境地の開拓で凄い!

【スポンサーリンク】

三国志での龐徳!

三国志での龐徳も無双シリーズと同様に、馬超の部下として戦い張魯の元へと共に落ち延びている。

以降、馬超はそこから出奔し、龐徳は張魯の元に残った。

ここで2人の運命が大きく分かれることになったんだよね。

ご存知の通り、馬超は蜀の五虎将軍のひとりなわけだけど、出奔後紆余曲折の果てに劉備の元で武を振るう道を選んている。

そして龐徳は張魯の元で再び曹操軍と交戦し、その際に曹操軍に帰順しているんだ。

戦いの際に許褚・夏侯淵を相手に一進一退の攻防をしていたところを、人材コレクターの曹操に惚れられたらしい。

しかし、これによって馬超は蜀、龐徳は魏へ所属することになり、完全に道はバラバラになってしまった。

かつて仲間同士だったとしても…。

かつて仲間同士だったとしても、戦わないといけない状況に陥ってしまうことがある。

魏で忠義を全うしようとした龐徳と、蜀で活躍した馬超がその後ぶつかったかはわからないけど、もしぶつかっていたとしたら互いにどんな気持ちになっただろうね。

一度もつれた運命の糸は二度と解けることはない…なんていうけど、この2人に関してもこんな未来に辿り着くとは思ってもいなかったことだろう。

シリーズ通して人気の高い馬超だけど、その裏に“龐徳”という影のような存在があったことをしっかりと覚えておきたい。

【スポンサーリンク】