【僕のヒーローアカデミア】緑谷 出久(デク)の強さと個性“ワン・フォー・オール”考察!

僕のヒーローアカデミア、主人公のデク。

作中で重要な特殊能力“個性”を持たずうまれたものの、憧れのヒーローであるオールマイトから「ワン・フォー・オール」という超パワーを授けられ、どんどん成長していってます。

バトワンはここ最近特に集中してヒロアカを読み始めたんだけど、ヒロアカの魅力ってデクの魅力に直結しているところがあると思うんだ。

【スポンサーリンク】

緑谷出久(デク)の強さとワン・フォー・オール考察!

デク自体は元々かなりのいじめられっ子でだったわけなんだけど、ワン・フォー・オールを授けられてから完全に化けたよね。

1デク
僕のヒーローアカデミア1巻より引用 ワン・フォー・オールを授けられるデク

引っ込み思案ではあるものの、もともと勤勉で努力家な性格があったので、ワン・フォー・オールはデクにバッチリマッチしているような印象を受ける。

あと、超パワーと引き換えにリスクを背負うというのはありがちな設定のように感じるかもしれないんだけど、デクのような“超いじめられっ子”が、自分の体に帰ってくる反動をこらえて技を使用する瞬間とか本当にカッコいいよね。

デクの魅力をバトワンなりに表現すると“エグかっこいい”って感じかもしれない!

デコピンですら超パワーが出るワン・フォー・オールなんだけど、うまくコントロール出来ないと指が折れたりする両刃の剣的な感じだしね。

痛々しい手の描写がうまくてビビる!

【スポンサーリンク】

ワン・フォー・オール フルカウル!

ワン・フォー・オールの特性を一言でまとめると、超パワー。

しかし、体が出来ていないと、自分の体に超パワーの反動が返ってくるという個性。

弱々しい印象のあるデクの体にエグい反動が返ってくるのが強く印象に残る感じ。

フルカウル6
僕のヒーローアカデミア6巻より引用 ワン・フォー・オール フルカウルを使用するデク

最初のうちは力のコントロールが全く出来なかったデクなんだけど、物語も6巻まで進んでくると、オールマイトの師匠であるグラントリノから教えを受け、本格的にデクが進化する。

ワン・フォー・オールの力のうちのたった5%がコントロール出来なくて困っていたデクだけど、グラントリノにコツを教わることできっかけを掴むことに成功した。

上記は全身にワン・フォー・オールを張り巡らせた“ワン・フォー・オール フルカウル”と呼ばれる状態。

めちゃくちゃ弱かったいじめられっ子のデクが全身に超パワーをまとって闘う姿を見ると、なんだか胸が熱くなるよね!

デクに関しては元々ヒーローマニアだったこともあって、戦略的な分析力もあったりするタイプだから、これからもテクニカルかつリスキーな戦い方を見せてくれそうな気がしてる。

未来のデクの“ワン・フォー・オール フルカウル 100%”に期待!

【スポンサーリンク】