【南国少年パプワくん】コタローの強さと人物像考察、青の一族の中で最も強い力を持つ少年!

青の一族で最も強い力を持つとされる少年、コタロー。

今回は彼について考察し、バトワンなりに理解を深めていきたいと思う。

彼はシンタローにとって“溺愛の対象”だったんだけど、幽閉を機に危険人物として成長していってしまった…!!

【スポンサーリンク】

コタローの強さと人物像考察、青の一族の中で最も強い力を持つ少年!

豹変してしまったコタロー。

以下のカットは幽閉されていた部屋から出てきた直後のもので、当初のコタローとは別人だ!

彼は“両目が秘石眼”である上に、ルーザーのように“善悪の区別がないタイプ”なので、超デンジャラス!

嫌なものは葬る…といったスタンスの精神性は、天使のように純粋で悪魔のように残酷だ!


南国少年パプワくん4巻引用 豹変後のコタローの外見はこんな感じ!

上記のカットは妖艶なまでに虚な表情をしており、かつでのコタローとは完全に別人!

コタローの能力はぶっちゃけおそらく作中最強クラス。

両目が秘石眼であるだけでも他とは壁一枚隔てた実力を持つものだけど、コタローと同じく2つの秘石眼を持つマジックですら遠く及ばないほどの圧倒的なパワーを誇っている!

シンタローが日本に帰還した際にはほぼ一睨みでシンタローを殺害しており(厳密には分離だけど)、その実力の高さが伺えてしまうところだ!

【スポンサーリンク】

コタローの能力・精神性の暴走について!

そんなコタローだけど、幽閉から開放されて以降はパプワ島で壮絶な暴走を遂げてみせた。

終盤に近づくに連れてパプワは戦闘から退いていったわけだけど、そんなパプワの前に立ちふさがったことも。

青の番人であるアスに導かれたこともまた、コタローが暴走したことの一員といえるだろうか。


南国少年パプワくん7巻引用 マジック総帥の外見はこんな感じ!

このあたりの流れでは、もはやコタローは“ラスボスクラスの脅威”となり、全体を強く脅かした!

バトワンはまだ続編のPAPUWAは読んでいないんだけど、続編ではコタローがかなり活躍するみたい。

南国少年パプワくんの物語内ではかなり恐ろしいキャラだったけど、PAPUWAでは“記憶喪失”になっているのだそうだ。

第二のパプワ島に流れ着いた際に記憶喪失となり、リキッドによって“ロタロー”と名付けられ、日々を送ることになる様子。

南国少年パプワくんの終盤はかなりシリアスモードで物語が進んでいった傾向にあるから、続編は一旦ギャグ寄りのスタートになるのかな?

とりあえず今日から自由人HERO読むから、それが終わったらPAPUWAも全巻揃えてみたいな!

【スポンサーリンク】